世界のびっくりニュース

テスラ・モデルS、駐車中に突然大爆発


上海の地下駐車場に停めていた高級電気自動車「テスラ・モデルS(第1世代)」から突然煙が上がり、数秒後に大爆発、真っ赤な炎に包まれています。その一部始終を撮影した映像がこちらです。

動画はこちらから。
Tesla set itself on fire and exploded in Shanghai China! – YouTube

この事故でけが人はいなかったのですが、隣に止めてあるアウディとレクサスは被害を受けた模様。現在、テスラ社による調査が行われています。

またこの事故を受けたイーロン・マスク氏のツイートがこちら。

大量の燃料エンジンが燃えて多くの人がなくなっている中「なぜ怪我人もいないテスラ車の爆発が世界中のヘッドラインを飾るのか?」と疑問を投げかけています。

それだけ世界が注目していることだとは思いますが、テスラ社は中国・上海に2020年完成予定の新工場を建設中……イメージダウンは避けられないかもしれません。

またテスラ・モデルXが自動運転中に起こした衝突事故現場を自動運転で走ったら再現してしまったのがこちらです。
テスラ・モデルXの衝突死亡事故 同じ条件の場所を自動運転で走ったら再現してしまった映像

関連記事

高速道路を120km/hで走行中のテスラ、ドライバーは豪快に居眠り中 - DNA

テスラ・モデルSでガソリンスタンドへやってきた女性、給油口が見当たらずプチパニック - DNA

「狂気モード」を搭載した世界最速の電気自動車「テスラ モデルS P85D」のスタート加速は本当に狂っていた - DNA

テスラ・モデル3はこうやって作られている、工場のラインを撮影したタイムラプス動画 - DNA

初代ホンダ・アコードにテスラのパワートレインを組み込んだ「Teslonda」の爆速っぷりが凄い - DNA

テスラ社長のイーロン・マスクが売り出した火炎放射器はやはりオモチャだった……ということがよく分かる動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧