科学と技術


庭先で朽ち果てていた1970年代のイタリア製スクーター「ペスパ」のフルレストア動画 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする

製造されてから半世紀ほど経過したイタリア・ピアッジオ社製スクーター「ペスパ 150cc」を2か月かけて新品同様に完全レストアしているのがこちらの動画です。最悪のコンディの1970年代のレトロなマシンが見事に蘇っていく姿はまさに圧巻の一言。

記事の続きを読むにはここをクリック »

ダブルのトイレットペーパーをシングル2個に分割するマシンの作り方 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする

場所によってはかなり貴重品と化しているトイレットペーパーですが、ダブルのトイレットペーパーをDIYした特殊マシンで2つに分割しているのがこちらの動画。これで貴重なトイレットペーパーを少しでも長く使えそうです……

記事の続きを読むにはここをクリック »

Amazonがドローンで動かす巨大なムチで貨物を振り飛ばす技術の特許を取得 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする

現在あるプロペラやジェットエンジン、ロケットといった手段では、ものを加速し、空中に浮かせるのに多大なエネルギーを必要とします。大量のドローンで配送を行いたいAmazonは、この問題に対しユニークなアイディアを編み出してきました。
記事の続きを読むにはここをクリック »

ピザを使って円周率(π)や円の面積の公式を視覚化するデモンストレーション動画 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする

「円周率は3.14」というのは決め打ちで覚えている人も多いかと思います。円の周囲の長さは直径の3.14….倍ということになるのですが、これをピザを使って視覚化するとこうなる……という動画です。

記事の続きを読むにはここをクリック »

1972年の月で荒ぶるアポロ16号の月面車を4K・60fpsで超高画質復元 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする

1970年代初頭のアポロ計画で月に運び込まれ現在も月に残されている月面車(LRV:Lunar Roving Vehicle)が思いっきり月面を走りまくっている動画をAIを使って超高画質で再現したのがこちらの動画です。ゆっくりと舞う砂や荒れた月面コースは最高に楽しそうです。

記事の続きを読むにはここをクリック »

NASA、火星の荒野を撮影した18億画素の超解像度360度パノラマ写真を公開 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする

2012年に火星へ到着した火星探査車「キュリオシティ」が、4日かけて撮影した1200枚の写真を元につくられた360度パノラマ写真をNASAが公開しています。圧巻なのは解像度……18億ピクセルとのこと。もうほぼ火星に行った気分です。

記事の続きを読むにはここをクリック »

19世紀末の華やかなパリの日常を記録したモノクロ映像を4K・60fpsの超高画質でカラー復元 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする

フランス・パリが華やかだったベル・エポック時代の日常風景を記録したモノクロ映像をAIを使って超高画質復元しカラー化したのがこちらの映像です。約130年ほど昔のパリがはっきりくっきりと蘇っています。

記事の続きを読むにはここをクリック »

50年前のあの日アポロ13号搭乗員たちが見た月の景色をNASAが4K解像度で再現 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする

アポロ13号は今から50年前に「成功した失敗」と評されたNASAによる人類初の月への有人宇宙計画「アポロ計画」。月面着陸することなく月をぐるっと1周だけして地球へ帰還した宇宙飛行士たちが見た景色はこんな感じだったようです。

記事の続きを読むにはここをクリック »

1911年のニューヨークを撮影したモノクロ映像を4K・60fpsの超高画質でカラー復元 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする

100年以上昔にニューヨークを記録していた貴重なモノクロの動画を、AIを使用し4K・60FPSの超高画質でカラー復元したのがこちらの動画です。日本だと明治44年、その当時のニューヨークにあった日常が鮮明に蘇っています。

記事の続きを読むにはここをクリック »

速度標識にテープ1本貼るだけで自動運転カーを速度超過させるハックにMacafeeが成功 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする

自動運転カーは周囲のあらゆる環境をカメラで撮影し、それをアルゴリズムによって処理し、運転における様々な判断に役立てています。しかしアルゴリズムにはかならず盲点・弱点があるもの。これを突くことで容易に判断を惑わせることができるのです。

記事の続きを読むにはここをクリック »

第二次世界大戦の東部戦線のドイツ軍・ソ連軍の部隊の動きを1年ごとに全部解説してくれる動画 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする

人類史上、最も凄惨な戦いが繰り広げられた第二次世界大戦の東部戦線では、非常に広大な範囲で無数の部隊が動き回りました。その動きを1年毎に俯瞰し、眺めることができるのがこちらのアニメーション動画。戦いが進むうちにドイツ軍の機動力がソ連軍の物量に飲み込まれていく様子がよくわかります。

記事の続きを読むにはここをクリック »

スマホが鬱陶しくなった女性スペースエンジニア、ダイヤル式携帯電話を自作してしまう このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする

回転ダイヤル式携帯電話「Rotary Cellphone」は、米・研究機関に所属する女性スペース・エンジニアが自ら設計した基盤と3Dプリントされたボディに携帯電話として必要なパーツを組み上げて自作したもの。レトロ技術と必要最低限の機能を融合するとこうなるようです。

記事の続きを読むにはここをクリック »

ザ・アメリカなマッチョSUV「ハマー」の電動バージョンが2020年5月に公開 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする

軍用車両をベースに開発され、タフさ、大きさ、ゴージャスさを強調された大型SUV「ハマー」の電動バージョンが開発中、2020年5月に公開されると発表されました。

記事の続きを読むにはここをクリック »

電子計算機の黎明期に女性がワイヤーを手編みして生産していた記憶媒体「磁気コアメモリ」 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする

19世紀末の機械式計算機の頃から、コンピューターにプログラムを入力するのは女性の仕事とされてきました。その最後の時代にあたる50年代、現在のコンピューターのディスクやメモリにあたる記憶媒体は、女性がワイヤーを手編みして作っていたのです。

記事の続きを読むにはここをクリック »

旅客機内の客席に紫外線を一気に照射して殺菌・消毒できるカート型UVライト「Germfalcon」 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする

交通手段が高速化することで新たに問題となってきたのが伝染病対策。特に旅客機は大量の保菌者を高速に拡散させる危険があります。こちらの「Germfalcon」は機内の設備を一気に殺菌・消毒できるデバイス。いわく99.9%の殺菌が可能とのことで、より確実な検疫が可能になります。

記事の続きを読むにはここをクリック »

機械学習で暗い場所にあるモノの輪郭を強調する消防士用ナイトビジョン「C-THRU」 このエントリーをはてなブックマークに追加 ツイートする

停電した火災現場は暗いだけでなく、煙や水が視界を遮ります。そうした中で視界を得るためには、従来の暗視装置だけでは不十分です。「C-THRU」は赤外線を認識する、いわゆるサーマル画像を機械学習で加工し、そこから輪郭を取り出すというハイブリッドなナイトビジョンです。

記事の続きを読むにはここをクリック »