世界のびっくりニュース

高速道路を120km/hで走行中のテスラ、ドライバーは豪快に居眠り中


居眠りしているにもかかわず何事も無く自動運転走行しているテスラ・モデルSなど、自動運転中についつい寝てしまうドライバーたち。どうやら100km/h以上で走行する高速道路も例外ではないようです。

動画はこちらから。
SETH BLAKEさんのツイート: "Dude is straight snoozing going 75mph on the interstate, letting his @Tesla do the work. 😳😴… "

この動画は、米・カリフォルニア州の高速道路を走行中に撮影されたもの。とても大胆に居眠り中のドライバー……しかし車は自動運転機能で安全に走行中。

複数のカメラやセンサなどからの情報を解析し人間の2倍以上も安全運転とされる自動運転ですが、ここまで信じ切れる凄い気がします。これから自動運転車が増えてくると高速道路での居眠りも増えてくるのかも。

ちなみにテスラの自動運転機能は走行中の周囲の状況をこんな感じで認識しています。
最先端の「完全自動運転」は周囲の状況をどのように認識して運転しているのか、テスラモーターズがデモ映像を公開

関連記事

テスラ・モデルSでガソリンスタンドへやってきた女性、給油口が見当たらずプチパニック - DNA

「狂気モード」を搭載した世界最速の電気自動車「テスラ モデルS P85D」のスタート加速は本当に狂っていた - DNA

テスラ新型ロードスターの0-100km/h加速を助手席で体験するとみんな楽しそうになる - DNA

テスラ・モデル3はこうやって作られている、工場のラインを撮影したタイムラプス動画 - DNA

テスラ・モデルXの衝突死亡事故 同じ条件の場所を自動運転で走ったら再現してしまった映像 - DNA

テスラの自動運転、前を走る車が起こす衝突事故を予測し急ブレーキをかけて多重事故を回避 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧