世界のびっくりニュース

テスラ新型ロードスターの0-100km/h加速を助手席で体験するとみんな楽しそうになる


停止した状態から100km/hまでたった2.1秒で到達してしまうテスラの新型ロードスター。その異次元の凄さは助手席に乗った人たちを見たら一目瞭然です。

動画はこちらから。もちろんテスラ公式動画です。
What 0-60 in the new Roadster sounds like – YouTube

2020年発売予定の新型テスラ・ロードスターは、最高時速が400km/h以上、ホイールトルク:10,000N、航続距離:1000km、価格は2270万円〜。とまさにスーパーカーのスペックを誇り世界最速の市販車を名乗るだけはあります。

また参考として日産・GT-R(2013年モデル)だと0-100km/h加速は2.7秒……テスラ・ロードスターの2.1秒のモンスターっぷりがよくわかりますね。

ちなみちこちらはテスラ・モデルSの狂気モードでの超加速を体験している動画。テスラはやばい……
「狂気モード」を搭載した世界最速の電気自動車「テスラ モデルS P85D」のスタート加速は本当に狂っていた

関連記事

世界最速の市販車 2020年発売予定の2代目「テスラ・ロードスター」の凄まじい加速性能がよく分かる映像 - DNA

最先端の「完全自動運転」は周囲の状況をどのように認識して運転しているのか、テスラモーターズがデモ映像を公開 - DNA

テスラ・モデルXの衝突死亡事故 同じ条件の場所を自動運転で走ったら再現してしまった映像 - DNA

初代ホンダ・アコードにテスラのパワートレインを組み込んだ「Teslonda」の爆速っぷりが凄い - DNA

テスラの自動運転、前を走る車が起こす衝突事故を予測し急ブレーキをかけて多重事故を回避 - DNA

あるテスラのオーナーが気づいてしまった……最先端の自動運転技術を応用した無限駐車違反回避方法 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧