世界のびっくりニュース

あるテスラのオーナーが気づいてしまった……最先端の自動運転技術を応用した無限駐車違反回避方法


最近、路上駐車のルールが「2時間以内まで」と変更された米・ウィスコンシン州ジェーンズビル市。そこで地元在住テスラのオーナーが遠隔操作可能な自動運転技術を応用しルールの抜け穴をついた駐車方法を発見し話題となっています。

その方法とは、スマホにインストールされた専用アプリから自動運転で駐車することができる機能「サモン(Summon)」を使用し、オフィス内から2時間毎に隣の駐車場へ移動させるというもの。

動画はこちらから。

色々と問題も多く実際の運用にはとても向かいないと思いますが、最新の自動運転技術はこんなことも簡単にできてしまうところまで来てしまっているようです。

どうやらこのツイート、テスラの創業者 イーロン・マスクにバレてしまったようで「Cool haha」とのこと。

さてさて特殊な使い方ではなく自動運転で駐車を行う「サモン機能」の解説動画はこちらです。
Autopilot – Summon – YouTube

近い将来にやってくる車の自動運転が一般化した社会では、現在では思いも寄らない交通ルールが登場しているのでしょうか。

ちなみにテスラの電気自動車に搭載されている「完全自動運転」は走行中にこんな感じで周囲の状況を認識しています。
最先端の「完全自動運転」は周囲の状況をどのように認識して運転しているのか、テスラモーターズがデモ映像を公開

関連記事

「狂気モード」を搭載した世界最速の電気自動車「テスラ モデルS P85D」のスタート加速は本当に狂っていた - DNA

世界最速の市販車 2020年発売予定の2代目「テスラ・ロードスター」の凄まじい加速性能がよく分かる映像 - DNA

何かちょっと違う気がする……テスラモーターズが開発した自動充電装置ロボットのデモ映像 - DNA

テスラ・モデルXの衝突死亡事故 同じ条件の場所を自動運転で走ったら再現してしまった映像 - DNA

テスラの自動運転、前を走る車が起こす衝突事故を予測し急ブレーキをかけて多重事故を回避 - DNA

テスラ社長のイーロン・マスクが売り出した火炎放射器はやはりオモチャだった……ということがよく分かる動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧