科学と技術

金属塊から精巧なエッフェル塔を削り出す5軸マシニングセンタのデモ動画がすごい


自動工具交換やさまざまな加工を1台で行うことができるコンピュータ制御の工作機械(マシニングセンタ)が、XYZ3軸に旋回2軸を加えた5軸をフル活用しアルミニウムの塊から精巧なエッフェル塔を作り出す一部始終を撮影したもの。金属加工の現場以外ではなかなか見ることができない金属切削好きにはたまらないASMR動画です。

動画はこちらから。
Hermle Bearbeitungszentrum C 42 U Eiffelturm on Vimeo

この映像は、ドイツの老舗工作機械専門メーカー「ハームレ社」の公式Vimeoで公開されテイル5軸マシニングセンタ「C 42 / C 42 U MT」です。

1. 235x235x520mm、90kgのアルミニウムの塊。これをひたすら削ってエッフェル塔を製作していきます。

2. 切削液を撒き散らしながら加工中の様子

3. 土台部分が完成

4. かなりエッフェル塔に近づいてきました

5. 完成一歩手前。細かい部分まで丁寧に仕上げています。

6. エッフェル塔が完成。加工時間は79時間でした。

ちなみにこのエッフェル塔の重さは2.1kg。90kgもあった金属の塊だったのですが……98%も削られています。

またこちらは金属の塊から地球儀が削り出されていく動画です。
コンピューター制御の工作機械が金属の塊から地球儀を削りだしている映像

そして工作機械が金属を切削加工する姿をハイスピード撮影したのがこちら動画。不思議な魅力がありずっと見ていられます。
金属の切削加工をハイスピード撮影した不思議と美しい動画

関連記事

F1マシンに使用される1本のボルトが出来るまでを描いたショートフィルム「The Life of a Bolt」 - DNA

5000ドル・卓上サイズの5軸CNCフライス「Pocket NC」がKickstarter突破 - DNA

自称「史上最も退屈な広告」アルミボディをただひたすら研磨仕上げするところを45分間撮影しただけの「ライカT」プロモーション映像 - DNA

P2P情報サイト「The Pirates Bay」、3Dオブジェクトデータ専門のカテゴリを新設 - DNA

曲面にも空間にも出力できる六軸アームの3Dプリンタの動画 - DNA

金属のフィンがみっしり並ぶヒートシンクはこうやって作られている - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧