世界のびっくりニュース

19世紀に撮影されたパリのノートルダム大聖堂の貴重なモノクロ写真20枚


2019年4月15日、エッフェル塔と並びパリを象徴する建築物として世界中に知られるパリのノートルダム大聖堂で大規模火災が発生。約9時間に鎮火していますが屋根が木製だったこともあり非常に火が早く尖塔などが焼け落ちています。

パリのノートルダム大聖堂は、フランス・パリのセーヌ川の中洲・シテ島にあるゴシック建築を代表するローマ・カトリック教会の大聖堂。

1163年に当時のローマ教皇(アレクサンドル3世)が礎石を据えたことに始まり100年以上の年月をかけて1250年に完成。さらに拡張工事が行われ最終的に1345年に竣工しています。

その後フランス革命時に破壊され一時廃墟化したものの1845年に修復が始まり1864年に完了。そんな修復作業が行われていた19世紀当時のノートルダム大聖堂を記録した貴重な写真がこちらです。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

19.

20.

2019年4月15日に発生した火災の様子を撮影した動画です
Notre-Dame de Paris : les images de l’incendie – YouTube

また、報道によるとフランスの富豪らが3億ユーロ(約380億円)の支援を表明し、マクロン大統領も国際的な募金を立ち上げるとしています。

ちなみにこちらは1910年と2016年にパリを襲った大洪水を同じ場所から撮影した写真です。どちらもセーヌ川が氾濫寸前まで水位が上がっています。
1910年パリ大洪水と現在のパリの市街地を全く同じ場所から撮影した写真で比較

ソース:A Cathedral That Defined a City: 20 Rare Photographs of Notre Dame From the 19th Century ~ vintage everyday

関連記事

70年間封印されていたフランス・パリのとある高級アパルトマンの秘密 - DNA

陰鬱に雨の降る冬のパリを撮影したタイムラプス動画「Paris When it Drizzles」 - DNA

フランス・パリの地下深く600万人が眠る世界最大の地下墓地「カタコンブ・ド・パリ」 - DNA

「アサシンクリード ユニティ」と実際のパリの街を重ねた写真いろいろ - DNA

パリの街並みを彩る店構えが素敵なお店の写真プロジェクト「Paris Re-Tale」 - DNA

ヨーロッパ各地の大聖堂や神殿の美しいドームの内部写真23枚 - DNA

ディズニー映画に登場する城や村、遺跡などのモデルとなった実在のロケーションいろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧