科学と技術

ボストン・ダイナミクスの人型ロボット「アトラス」遂にアスリートの域へ 華麗なるパルクール動画が公開


華麗にバク宙を決めたり芝生の上を走ったりと人の動きに限りなく近づいてきているボストン・ダイナミクス(BostonDynamics)の人型ロボット「アトラス(Atlas)」。ついにアスリート並みの身体能力を手に入れたようです。

動画はこちらから。
Parkour Atlas – YouTube

走りながらジャンプして丸太を飛び越えるアトラス。約5ヶ月前のアトラスは一度止まってから丸太をジャンプしていたのですが……凄い進歩です。

1.

さらに圧巻なのが3段連続ジャンプ。約40cmの角段差を止まることなくスムーズに駆け上っています。

2.

ほんの数ヶ月で全く別物にまで成長するアトラス。こうなると10万パワーで空を飛ぶロボットの登場を期待せずには入られません。

ちなみにこちらは産業総合研究所(産総研)が開発した建築現場で重労働可能な人間型ロボット「HRP-5P」。アトラスと融合したら……SF的未来は意外とすぐそこまできているのかもしれませんね。
建築現場の重労働を自律的に作業する人間型ロボット「HRP-5P」を産総研が公開

関連記事

Boston Dynamics社、両足先端に車輪を搭載し異次元の運動能力を手に入れた二足歩行ロボット「Handle」を公開 - DNA

「鶴の拳」を習得してしまったGoogleの人型ロボット「アトラス(Atlas)」の動画 - DNA

ガレキの上で足元を探りながらバランスをとることができる不整地歩行ロボット「Atlas」のやたら人間くさい動画 - DNA

どうみても殺戮ロボットのプロトタイプ、ボストン・ダイナミクス社製「PETMAN」の動画 - DNA

仲間のためにドアを開けて押さえることができるボストン・ダイナミクス社の最新ロボットがはっきり言ってヤバい - DNA

すごく人間っぽい動きで空中スタントをするロボットを開発するディズニーのプロジェクト「Stuntronics」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧