科学と技術

仲間のためにドアを開けて押さえることができるボストン・ダイナミクス社の最新ロボットがはっきり言ってヤバい


障子を自分で開けられたら老猫、開けた後閉めるようになったら化け猫と言うそうですが、ボストン・ダイナミクス社のあの犬型ロボットは仲間のためにドアを開け、閉じないように押さえておくことができるようになったようです。

ドアが閉じてしまっているのを見て(?)止まってしまった仲間のもとに颯爽と駆けつけるアーム装備型。ミュータント的な禍々しさです。

動画はこちらから。
Hey Buddy, Can You Give Me a Hand? – YouTube

一方ロシアのロボットは人型をキープしつつ、2丁拳銃で猛烈な火力を付与する方向性。戦場で激突する日は近いのかもしれませんね。
さすがロシア、2足歩行ロボット「F.E.D.O.R.」が2丁拳銃で撃ちまくる動画 – DNA

関連記事

さすがロシア、2足歩行ロボット「F.E.D.O.R.」が2丁拳銃で撃ちまくる動画 - DNA

「自動スナック菓子食べさせロボットアーム」が全力でスナックを叩きつけてくる失敗動画 - DNA

ロボットアームが「指の間にナイフを刺すゲーム」をする怖すぎる動画 - DNA

20メートルもの長さを自在にコントロールできるロボットアーム「バルーン型ジャコメッティアーム」がすごい - DNA

人間には不可能な精度と速度で刃物を扱う産業用ロボットのパフォーマンス・デモ動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧