アートとデザイン

Win95、CRT、パラレルポートなど搭載 90年代と現代が融合したコンセプト・スマートフォン「WinPhone 95」


CRTモニタにWindows95、ネットはIE等々……90年代のPC環境をそのまま再現したのがこちらのスマートフォンのコンセプトデザイン「WinPhone 95」。実際に製品化されたらかなり高額となってしまいそうですが、このノスタルジックなデザインは非常に魅力です。

1. WinPhone 95。それは今までリリースされなかった最高のスマートフォン。

2. 「全ての瞬間をキャプチャ出来る」カメラには1.5Mピクセルのソニー・マビカ・のレンズを採用。

3. もちろんブラウザは「Internet Explorer」。画面のカーブっぷりが非常に魅力的です。

4. CD品質の音楽をどこでも効くことが出来る「Windows Media Player」。マイク・ヘッドホンジャック、音量調節のボタンを搭載。

5. その他、電話もメールも「WinPhone 95」があればOK。

6. ホームボタンには「MS トラックボール」を採用

7. パラレルポートやVGAコネクタなどアナログデバイスへ接続出来るインターフェース。これは便利……ですね。

8. ボディの色はクラシック、オリーブ、バニラの3種類。

この「WinPhone 95」は、ブラジルのUI/UXデザイナー Henrique Perticarati 氏がデザインした作品。そろそろこんなスマートフォンの登場を期待したいですね。

ちなみにこちらは逆のパターン。Windows95が登場する以前の80年代にTwitter、Google、Facebookがあったらこうなってていたはず……という動画です。
もし、Twitter、Google、Facebookが1980年代に登場したら?を細部に至るまで再現した動画

ソース:WinPhone 95 on Behance

関連記事

神秘の調和、アップル社のプロダクトデザインに隠された「黄金比」 - DNA

約100年前のストックホルムには5000本もの電話線が繋がれた巨大な塔があった - DNA

初代Windows1.0から最新のWindows7まで、順番にアップデートすると何が起こる? - DNA

1956年から始まるエポックメイキングな携帯電話の進化の歴史まとめ - DNA

折りたたむとスマホそっくりになる2連発ハンドガン「Ideal Conceal」が開発中 - DNA

初代から最新の「9」まで、Internet Explorerのレンダリングエンジンを試してみた動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧