世界のびっくりニュース

アメリカ軍、なぜかAK-47用弾倉を59万2千825個調達


ロシアや東欧諸国など、いわゆる旧東側諸国を代表する自動小銃「AK-47」の弾倉を、なぜか西側代表のアメリカ軍が59万2千825個調達すると発表し、入札を受け付けています。


調達内容は以下の通り。スチール製、7.62×39mm弾つまりAK-47系列のライフル用弾倉の新品を59万2千825個を、アメリカ陸軍が調達するとしています。
10–AK Rifle Magazines – Federal Business Opportunities: Opportunities

こちらがAK-47

そしてこちらが米軍で使われているM4小銃。弾倉の形はまったく違うので当然互換性はありません。

膨大な数量を考えると特殊作戦であるとかそういうかっこいい目的ではなく、おそらくはイラクやアフガニスタンの現地軍向けのものであると考えられます。

ソース:10–AK Rifle Magazines – Federal Business Opportunities: Opportunities

トップ画像:IMG_0383 | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

どの国が一番武器を売ったり買ったりしているのか、武器の輸出入を視覚化したGoogleによるインタラクティブなインフォグラフィクスが公開 - DNA

ロシア軍「AKライフル作りすぎたのでしばらく買いません」と発表 - DNA

本家本元、イズマッシュ社からAK-74Mの電動エアガン「Yunker-5」が発売へ - DNA

超ロングセラー、第5世代カラシニコフ小銃「AK-12」の動画が公開 - DNA

ロシアの新型アサルトライフル「AK-12」5.56㎜版と12ゲージ版も発表 - DNA

イズマッシュ社製エアガン版「AK-74M」のプロモ動画で「AN-94アバカン」「ドラグノフ」「PP-19-01」もラインアップに加わることが判明 - DNA

ついに真打ち登場、ウクライナの超巨大輸送機「アントノフ An-225ムリーヤ」が日本にやってくることが決定 - DNA

「カラシニコフ」ブランド復活、イズマッシュ社とイジェメック社が正式に合併 - DNA

プーチン大統領、イズマッシュ社復活のためスティーブン・セガールを投入 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧