科学と技術

世界最大の航空機「ストラトローンチ(Stratolaunch)」が初飛行に成功


米・ストラトローンチ・システムズ社が開発中の世界でもっとも大きな航空機「ストラトローンチ(Stratolaunch)」が2019年4月13日(現地時間)に飛行機の墓場として有名なカルフォルニア州モハーヴェ空港で初飛行に無事成功しました。

動画はこちらから。
Stratolaunch First Flight – YouTube

「ストラトローンチ(Stratolaunch)」のサイズは翼幅117m、全長73m、全高15m。高度10000mまでロケットを運び空中発射するための母機として開発されエンジンはボーイング747にも使用されているプラット・アンド・ホイットニー社製「PW4056」を6機搭載。ペイロードは226,796kg以上を誇るまさしく世界最大の航空機です。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

この初飛行では最高速度は304km/h、最高高度5181mを記録、飛行時間は2時間半でした。最大ミッション時間は10時間、距離は1852kmです。

また世界最大の航空機「ストラトローンチ(Stratolaunch)」を上空まで飛ばし、空中からロケットを発射するモバイル・ローンチ・プラットフォーム「ストラトローンチ・システム」の詳細はこちらです。
Stratolaunch Systems, A Paul G. Allen Project – YouTube

7. その他の巨大航空機と比較するとこんな感じになります。

世界で最も荷物が積める旧ソ連の超巨人機「アントノフ An-225ムリーヤ」。翼幅は抑え気味ですが全長(84m)は未だ世界一のようです。
ついに真打ち登場、ウクライナの超巨大輸送機「アントノフ An-225ムリーヤ」が日本にやってくることが決定

ソース:Stratolaunch Completes Historic First Flight of Aircraft – Stratolaunch Stratolaunch

関連記事

20年以上前の宇宙船やロケットが今もそのまま残る幻の旧ソ連・有人ロケット計画「ブラン計画」の廃墟写真 - DNA

アポロ11号の司令船と月着陸船を自動制御したプログラムのソースコードがGitHubで公開 - DNA

古今東西いろいろなSFに登場する宇宙船のサイズ比較用超巨大チャート - DNA

誰でも簡単に本格的な宇宙船を生成出来るジェネレータ「Spaceship Generator」 - DNA

世界最大の軍・公用航空機保存施設のドキュメンタリー動画「The Boneyard」 - DNA

ボーイング737が9日で出来上がる、世界最大の航空機工場・製造ラインはこんな感じ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧