科学と技術

ハンドガンのスライドを覆って手で掴まれても動かせる「コンバット・シュラウド」が登場


「オートマチックハンドガン」は何がオートマチックなのかというと、再装填の動作を自動的にやってくれます。このため上半分、スライドが素早く前後に動くのですがこれをカバーし、手で掴まれても動作を阻害されることのない「コンバット・シュラウド」が開発されました。

動画はこちらから。
The Combat Shroud | Is It A Game Changing Innovation? – YouTube

「シュラウド」といえば過熱した銃身に直接手やモノが当たらないようにするカバーや、非常に限定的なものでいえばこうやってバリケードに押し当てて銃を安定させるものをいいます。シュラウドで覆うことで、中のスライドの動きを阻害せずにバリケードに当てることができます。

Predator Defense社が開発した「Combat Shroud」は後者の系列のもの。

スライドの動きを邪魔しないので、例えばこのように親指で上から押さえつけて反動を抑制したり……

人からスライドをつかまれても気にせず射撃することができます。

近接戦闘時におけるCombat Shroudの使い方を教えてくれる動画。銃を掴まれても誤作動することなく発射を続けられています。
Combat Shroud Suspect Grabs – YouTube

あまり広がることがなかった古い技術がまったく違う形でリバイバルして流行するのはよくあること。こちらの射撃競技用のピストルもルールの壁に阻まれて一度は消えますが、最近ほぼ同じようなコンセプトの短機関銃が現れるなどしています。
銃口が跳ね上がらない幻の射撃競技用ピストル「MC-3」 – DNA

ソース:Glock 17/22/31 Gen 3/4 Combat Shroud – Predator Defense

関連記事

ウェイトレスさんが全員実弾入りハンドガンで武装しているレストラン「シューターズ・グリル」に行ってきた - DNA

ハンドガン2丁分の火力と、ダットサイトによる精度を両立させるアタッチメント「ドッペルグロック」 - DNA

撃ちたい時だけ確実に安全装置が外れるハンドガン・グロックの中身がどう動いているかが分かるカッタウェイ動画 - DNA

グリップのところで真っ二つに折りたためるハンドガン「Fullconceal M3」 - DNA

ハンドガンのスライドを安全に引っぱることができるデバイス「Handi-Racker」 - DNA

懐中電灯をかっこよく構えられるガジェット「SwitchBack」 - DNA

銃口が跳ね上がらない幻の射撃競技用ピストル「MC-3」 - DNA

SFっぽい短機関銃「KRISS Vector」のプロトタイプはさらにSFっぽい見た目だった - DNA

反動制御システム入り新型短機関銃「KRISS Vector」の不思議な動きをとらえたスローモーション動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧