世界のびっくりニュース

鼻の穴からウナギが垂れているアザラシが見つかる


ニョロニョロとしたウナギが鼻の穴から出ているアザラシが最近になって複数目撃されており研究者たちの頭を悩ませています。

この不思議な写真は、アメリカ海洋漁業局(NOAA Fisheries)が運営する絶滅の危機に瀕しているハワイモンクアザラシの保護プログラム「ハワイモンクアザラシ・リサーチ・プログラム」が撮影したもの。

この後にウナギは鼻から取り除かれアザラシは無事だったものの、鼻に侵入していたウナギの方は残念ながら死んでしまったそうです。

1.

40年近くハワイモンクアザラシを観察し続けている「ハワイモンクアザラシ・リサーチ・プログラム」ですが、「鼻ウナギ」が観察されるようになったのはここ数年のことで3、4回ほど目撃されています。統計的な問題で昔から存在していたのか、それとも今後増えてくるのかはわからないとしています。

またこの原因については、ウナギの逃げた先がたまたま鼻の穴だった説や一度飲み込まれたものの飛び出した先が鼻の穴だった説などいくつか考えられるようですが本当のところはまだはっきりしていないようです。

またこちらは顔見知りのダイバーを見つけて熱烈に抱きついているとても人懐っこいアザラシ。かなりの巨体でのハグはなかなか迫力があります。
一緒に泳いだことを覚えていたアザラシがダイバーを見つけ熱烈ハグにやってくる

ソース:Hawaiian Monk Seal Updates | NOAA Fisheries

関連記事

ウナギに成長するとは到底信じられない、平たく細長く透明なウナギの幼生「レプトケファルス」の貴重映像 - DNA

ヌタウナギが放出したおびただしい粘液で玉突き事故が発生、事故現場は衝撃的な状態に - DNA

GoProカメラをつけて泳いでいたらアザラシの群れがやってきた - DNA

巨大アザラシが魚の群れに近づくとこうなる、透明度の高い海をドローン撮影した映像 - DNA

愛らしい外見からはとても想像出来ないある動物の頭蓋骨写真 - DNA

最大限に喉袋を膨らませたフクロウナギの貴重な姿が撮影される - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧