世界のびっくりニュース

1962年のF1モナコグランプリを70mmフィルムで記録した超高画質カラー映像


半世紀以上も昔、1962年6月3日にモナコ・モンテカルロの市街地コースで開催されたF1世界選手権の第2戦。ヘリコプターや車両などから70mmフィルムで撮影されているため映像のクオリティがすごいことになっています。

動画はこちらから。
Monaco Grand Prix 1962 – High Quality footage – Flying Clipper – YouTube

この映像はドイツのドキュメンタリ映像「Mediterranean Holiday(Flying Clipper)」に収録されているものです。

1. 70mmフィルムを搭載した車両から撮影されたサーキットを走るF1マシン

2.

3. 人で溢れかえる観客席

4.

5. 当時はかなり開放的なコースでした

6. カジノ広場

7. ヘリコプターからの景色

8. 帆船のマストは絶好の観戦ポイント

このレースの決勝戦は市街地コース100周(314.5km)で行われ、クーパー・クライマックスのブルース・マクラーレンが優勝しています。ちなみにブルース・マクラーレンはのちにF1にも参戦するマクラーレン・チームの創設者です。

09. 表彰式。トロフィーのプレゼンターは大公レーニエ3世と大公妃グレース・ケリーがつとめています。

10. マクラーレンのウィニングラン

またこちらは1950年のインディ500と現在のF1のピット作業を比べたもの。想像以上に圧倒的な差があります。
1950年と現在のカーレースのピット作業の圧倒的な速度差が分かる動画

関連記事

F1マシンに使用される1本のボルトが出来るまでを描いたショートフィルム「The Life of a Bolt」 - DNA

よみがえるホンダの1989年、アイルトン・セナの鈴鹿最速ラップの走りを光とエンジン音で完全再現した映像 - DNA

マクラーレン・F1は20年前のラップトップPCがないと整備できない - DNA

シンプルな木製から複雑なカーボン製へ、50年以上も常に進化し続けるF1ハンドルの歴史 - DNA

60年間戦ってきたフェラーリのF1マシン進化一覧 - DNA

F1カーとGTカーのサーキットでのコーナーリングを比較した映像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧