科学と技術

世界最速の市販車 2020年発売予定の2代目「テスラ・ロードスター」の凄まじい加速性能がよく分かる映像


2017年11月16日に公開された2代目となる新型「テスラ・ロードスター(Tesla Roadster)」。テスラ社が「世界最速の市販車」と豪語するほど、とんでもなくハイスペックなモンスター・マシンに仕上がっているようです。

動画はこちらから。発表会の会場での一コマです。

ほぼ無音で超加速……ちょっとした悲鳴が聞こえて来るのも納得ですね。

ちなみに2代目テスラ・ロードスターの0−97km/h(60mph)については1.9秒とほぼF1マシンと互角の性能であり、その他市販車では3億円超のスーパーカー「ブガッティ・シロン」 が2.5秒以内、日産GIT-R・Nismoが2.7秒とされています。

Roadster – YouTube

2代目「テスラ・ロードスター」のベースモデル・スペックは以下の通り。

・0-60mph(0−97km/h) : 1.9秒
・0-100mph(0−160km/h) : 4.2秒
・1/4mile(400m) : 8.8秒
・最高速度 : 250mph(402km/h)以上
・トルク : 10,000 Nm
・航続距離 : 620miles(1000km)
・座席数 : 4
・駆動 : 全輪駆動
・ベース価格 : $200,000(約2242万円)

発売時期については2020年を予定しているとのことです。

またこちらの映像は「テスラ モデルS P85D」に搭載されている「狂気(Insane)モード」の加速力を体験した人たちを撮影したもの。まさに狂気の加速力のようです。
「狂気モード」を搭載した世界最速の電気自動車「テスラ モデルS P85D」のスタート加速は本当に狂っていた

関連記事

2017年版、現在最も高い値段で売られている新車トップ10 - DNA

2017年のゼロヨン最速マシンが決定 日欧米の最新スーパーカー12台を横一直線並べた夢のドラッグレース - DNA

テスラの自動運転、前を走る車が起こす衝突事故を予測し急ブレーキをかけて多重事故を回避 - DNA

ケーニグセグ・アゲーラRSが0-400−0km/hの市販車最速記録を更新 ブガッティ・シロンの記録を軽く抜き去る - DNA

3億円超のスーパーカー「ブガッティ・シロン」 完全停止状態から351km/hに到達するまでのスピードメータ映像 - DNA

テスラ・モデルS、驚異の発進加速で追突事故を危機一髪回避 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧