アートとデザイン

古今東西の富裕層と貧困層の食事を比較した写真シリーズ「Power Hungry」


古代エジプトやローマから現代アメリカ・北朝鮮など様々な国や地域の富裕層と貧困層のテーブルに並ぶ食事を比較した写真シリーズ「Power Hungry」。一体どれほどの違いがあるのでしょうか。

1. 古代エジプト:Ancient Egypt

2. 古代ローマ:Ancient Rome

3. フランス革命以前のフランス:France, before the Revolution of 1789

4. 現在の北朝鮮:Present day North Korea

5. 現在のシリア:Contemporary Syria

6. 現在のアメリカ:Contemporary America

この写真シリーズ「Power Hungry」は、ニュージーランド出身のアーティスト Henry Hargreaves 氏 と ニューヨークのシェフ・ライフスタイリスト Caitlin Levin 氏が調査し制作した作品です。

数千年も昔の古代の支配者層と一般の人々、そして現代の持てる者と持たざる者たちの食事。いつの時代も大きな差というものはあるようです。

また、世界各国の色々な地域の平均的な食事についてはこちらに詳しいです。
世界25の国や地域の1週間で食べる食料とその家族を比較した写真

ソース:Power Hungry — Hargreaves and Levin

関連記事

旅行への情熱が生み出した、その国や大陸を象徴する食材で作られた地図シリーズ「Food Maps」 - DNA

食べたくなるくらい大好きな電子機器をカラっと揚げるとこうなる - DNA

世界のおばあちゃんの手料理とその具材が並んだ台所の写真「Delicatessen with love」 - DNA

世界の有名な文学作品に登場する架空の食事をリアルに再現した「Fictitious Dishes」 - DNA

連続殺人・強姦などの凶悪な犯罪で死刑囚となった9人が選んだ「最後の晩餐」の写真 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧