アートとデザイン

[閲覧注意]世界を震撼させた連続殺人犯10人が描いた絵に闇があふれている


「シリアルキラー」とも呼ばれるその残虐さで世界を震撼させた10人の連続殺人犯が描いた絵画です。心の闇が見え隠れする様な作品となっています。

以前に紹介した「あるアーティストが様々なドラッグをオーバードーズして描いた自画像」と同様の何かよくわからない不安感に襲われてしまう作品が多くあります。

1. アーサー・ショウクロス(1945年〜2008年、アメリカ)。殺害人数:14人

2. キース・ハンター・ジェスパーソン(1955年〜、カナダ)。殺害人数:8人以上

3. 吳志達(1960年〜、アメリカ)。殺害人数:11〜25人

4. アルフレド・ガイノール(1967年〜アメリカ)。殺害人数:9人

5. オッティス・エルウッド・トウール(1947年〜1996年、アメリカ)。殺害人数:6〜65人の女性

6. ジョン・エドウッド・ロビンソン(1943年〜、アメリカ)。殺害人数:8人

7. ヘンリー・リー・ルーカス(1936年〜2001年)。殺害人数:11人、ただし自供は600人以上

8. ダニー・ローリング(1954年〜2006年、アメリカ)。殺害人数:8人

9. チャールズ・マンソン(1934年〜。アメリカ)。殺害人数:8人

10. ジョン・ウェイン・ゲイシー(1942年〜1994年)。殺害人数:33人の少年
ピエロの姿を好んだことにより「キラー・クラウン」とも呼ばれ、スティーヴン・キングの小説「IT」の殺人鬼ペニーワイズのモデルとも言われています。また彼の描いたピエロの絵は非常に高額で取引されています。

ソース:10 Brutal Serial Killers And The Chilling Art They Created | So Bad So Good

関連記事

連続殺人・強姦などの凶悪な犯罪で死刑囚となった9人が選んだ「最後の晩餐」の写真 - DNA

生徒に手を出してしまった女教師たち41人の写真とその罪状 - DNA

歴史に残るマフィアの大ボスや悪名高き殺し屋たちのマグショットいろいろ - DNA

LSDでトリップした人が描く自画像の変化がすごい - DNA

本人にはこう見ている、超有名ミュージシャンたちが描いた自画像10枚 - DNA

あれ本当に?かなり美人揃いのマグショット20枚 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧