科学と技術

広大な射撃場を駆け抜けつつ自動照準ライフル「TrackingPoint」を撃ちまくっているプロモ動画


地平線が見えそうなくらい広大な射撃場でデカい鉄砲をぶっ放すのはすさまじく楽しいもの。超長距離射撃専用の射撃場を走り回りながら、様々な状況で自動照準ライフル「TrackingPoint」が役に立つということを説明している動画です。


さて、TrackingPointの大きな特徴はトリガータイミングの自動化だけではありません。

このように外部ディスプレイに照準器の画像を表示できる点も大きな特徴です。

なので、このように壁に隠れながらの射撃が可能です。

発射時の音や火薬の閃光をキャッチして狙撃兵の位置を特定する機器は既に実用化されいます。照準・再発射に時間がかかるライフルであるからこそ、こういう工夫で身体が曝露する時間を短くできる工夫は重要になりますね。

動画はこちらから。
▶ TrackingPoint – PGF Playground – YouTube

ソース:TrackingPoint – PGF Playground – YouTube

関連記事

自動照準ライフル「TrackingPoint」で走ったり飛んだりしているあらゆるターゲットを射撃しまくっているプロモ動画 - DNA

自動狙撃ライフル「TrackingPoint」の予告編でみる「スナイパーのネットワーク化」 - DNA

コンピューターで狙撃を支援する「自動照準ライフル」市場にトリジコン社も参入 - DNA

ターゲットをロック、自動でトリガーをコントロールする狙撃システム「TrackPoint」 - DNA

サイバー兵士の時代、未経験者が「自動照準ライフル」で700メートル先の的をブチ抜く動画 - DNA

スピルバーグ監督の次回作は米軍史上最高の狙撃手の自伝の映画化と報道 - DNA

マグプル、長距離射撃教則ビデオ「Art Of The Precision Rifle」予告編ムービーをリリース - DNA

傑作冒険小説「極大射程」シリーズ最新作「Dead Zero」を著者自らがYouTubeムービーでプロモーション - DNA

約30km向こうから誤差平均1.18mで砲撃できるすごい弾頭、M982「エクスカリバー」の試験動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧