アートとデザイン

伝説的なビジネスパースンが実際に使っていた超有名な名刺11枚


Google、Apple、Microsoftなど創業者たちや超大金持ちの投資家などの人物が、過去に実際使用していた「伝説的な名刺」です。非常にシンプルな名刺から非常に話題になった名刺など、一度くらいは名刺交換してみたいと思わせるものばかりです。

1. マーク・ザッカーバーグ(Facebook創業者)

映画「ソーシャル・ネットワーク」でも登場した名台詞「I’m CEO, Bitch.」が大きく刻まれた名刺です。

2. スティーブ・ジョブズ(Apple創業者)

バイス・プレジデント時代の名刺です。

3. ラリー・ペイジ(Google創業者)

GoogleのWebペーシの重要度を決定するアルゴリズム「ページランク」は、ラリー・ペイジの名前にかけて命名されています。

4. ビル・ゲイツ(Microsoft創業者)

Microsoftのロゴが時代を物語っています。

5. バラク・オバマ(アメリカ大統領)

上院議員時代の名刺です。

6. エリック・シュミット(Google会長)

Apple取締役やGoogleのCEOを歴任した人物。現在はGoogle会長です。

7. スティーブ・ウォズニアック(Apple創業者)

Apple I、Apple IIの開発者。通称「ウォズの魔法使い」。

8. ドナルド・トランプ(大富豪)

アメリカの不動産王とも呼ばれる男。髪型に特徴あり。

9. ジェリー・ヤン(Yahoo!創業者)

台湾生まれのアメリカ人。相撲の大ファンとして知られています。

10. デヴォン・スパージョン(広報担当者)

世界一の投資家ウォーレン・バフェットの広報担当者。電話番号があるべきところには「You don’t call me. I call you(電話はしないで、こっちからするから)」。うるさい雑誌記者に「後で電話してください」とこれを手渡したというエピソードは有名です。

11. ケビン・ミトニック(コンピュータ・セキュリティ・コンサルタント)

アメリカの伝説的な元クラッカー。名刺は鍵をこじあけるピッキングキットになっています。コンピュータセキュリティの専門家・下村努(ノーベル化学賞の下村脩の息子)の協力によりFBIに逮捕された実話は「ザ・ハッカー」として映画化されています。

ソース:11 Famous Business Cards That Became Legendary

関連記事

世界的に有名な10人のIT企業CEOの机はこんな感じ - DNA

思わずコレクションしたくなる奇抜で印象的な名刺のデザイン53枚 - DNA

ITで起業しちゃった人とデートしてはいけない29の理由 - DNA

Googleで働くユニークな肩書きの人々11選 - DNA

これは納得、非常に高い知能指数(IQ)を持つ各界の有名人たち16人 - DNA

金持ちは携帯電話で「つぶやき」もゲームもしないことが判明 - DNA

「これが僕のAKです。今から社長を撃ちます……」衝撃の動画が公開 - DNA

ライバル企業同士のロゴを融合させたアート作品「Brandversation」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧