アートとデザイン

42年間世界一の高さを誇った超高層ビル「エンパイア・ステート・ビルディング」命懸けの建設作業風景写真30枚


ニューヨークの別名「エンパイア・ステート(帝国州)」を冠し、1931年に竣工から42年もの間世界一の高さを誇った「エンパイア・ステート・ビルディング」。当時の超高層ビルディングの建築現場では、命綱なしの作業が普通だったことがよく分かるビンテージなモノクロ写真の紹介です。

地上102階、電波塔を除いた軒高が381メートルのエンパイア・ステート・ビルディングは、1972年に「ワールド・トレード・センター」に抜かれるまで世界一高いビルディングでした。しかし、悲しくも2010年のアメリカ同時多発テロ事件でワールド・トレード・センターが崩壊したため、再びニューヨークで一番高いビルに返り咲くことに。

そして、現在はワールド・トレード・センター跡地に建設されている108階建、541メートルの「1 ワールドトレードセンター」が11年ぶりにニューヨークで一番高いビルディングになっています。(2013年に完成予定)

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

19.

20.

21.

22.

23.

24.

25.

26.

27.

28.

29.

30.

ソース:30 Vintage Photos of the Empire State Building Under Construction

関連記事

速度の追求、わずか15日間で30階建てのビルを建ててしまう動画 - DNA

世界25大都市の昔と今を並べて比べた写真いろいろ - DNA

平和のモニュメントとなるか、ニューヨークに建築中の新ワールドトレードセンターの画像25枚 - DNA

パリとニューヨーク、モダンな2つの都市の違いをイラストで表現 - DNA

雲からのぞく中国・上海の超高層ビルの魅力的な写真 - DNA

自分の体に火をつけたまま、超高層ビルからパラシュートなしで飛び降りるエクストリーム過ぎるスタントの動画 - DNA

魔窟の象徴、1992年に消えた香港の巨大なスラム街「九龍城砦」の写真16枚 - DNA

昼と夜では別の顔、ニューヨークの名所の24時間を1枚に合成した写真9枚 - DNA

現在でも美しく色鮮やかに残る1945年に閉鎖されたニューヨークの地下鉄駅「City Hall」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧