ネット・PC

英国諜報部MI6、アルカイダの「爆弾の作り方」Webページから「カップケーキの作り方」にリダイレクトさせる


何が本当で何がウソなのか分からないのが情報戦の世界。様々な組織が日々、騙し騙されているのですが英国諜報部MI6がアルカイダのWebページをハック、爆弾の作り方を教えるページからカップケーキの作り方ページに飛ぶように作り替えるという事件があったようです。


2010年6月、アメリカとイギリスの諜報機関によって、アルカイダが67ページのオンラインマガジンを発行しようとしていることが明らかになりました。

問題となったのはその中の「ママのキッチンで爆弾を作る方法(著アルカイダ・シェフ)」と題されたコンテンツ。家庭にある材料を使ってタイマー付きのパイプ爆弾を製作する方法でした。

アルカイダはこのオンラインマガジンを、組織に属さず行動する「一匹狼」のテロリストをリクルートするために用いようとしていたとみられていますが、このような独立型のテロリストは捕捉・追跡がとても困難なためなんとしても妨害しなければいけません。

そこで、イギリス諜報機関の対外工作を担当するMI6と通信の傍受・解析を専門とする政府通信本部のハッカーはオンラインマガジンのサーバーに侵入、この「爆弾の作り方」記事にアクセスした人を「アメリカ最高のカップケーキ」というレシピのページに飛ばすようにした他、ビンラディンやアルカイダ上層部が執筆した記事など危険度が高そうなものについても同様の処置を施しました。

日本では1950年代に過激派組織がテロのマニュアルを発行する際、当局の目を欺くために「栄養分析表」「球根栽培法」「腹腹時計」などという書名で配布するというようなことをやっていましたが、それを彷彿とさせる事件です。

しかし結局、アルカイダはその2週間後に同じ雑誌を再発行することに成功、以降4冊が続刊しているそうですが、英国情報部は「強力なプロパガンダツール」として現在も警戒を続けているそうです。

ソース:MI6 attacks al-Qaeda in ‘Operation Cupcake’ – Telegraph

関連記事

イギリス紳士のユーモアと反骨精神にあふれた「ゴルフのプレー中に爆撃が始まった際の暫定ルール」 - DNA

英軍特殊部隊員で満載のバンをうっかり狙ってしまった車上荒らしがひどい目にあう - DNA

「ダウニング街のネコ」復活、イギリス首相官邸ネズミ捕獲長が就任 - DNA

これができればあなたもスパイ?英国諜報部「MI5」がネットで適正テストを公開 - DNA

元イギリス軍の爆発物処理班員、浮気がバレて妻の車を爆破 - DNA

自爆テロ犯、トリガーの携帯電話がスパムメールで誤動作して爆死 - DNA

これまで未公開だった「9・11同時多発テロ事件」の17分間の動画や153枚の静止画が新たに公開 - DNA

モスクを潜入捜査していたFBIのスパイ「話が過激すぎる」と通報される - DNA

これぞリアル「スパイ大作戦」空港の超厳重なセキュリティを突破し飛行機に搭乗した男の、ものすごい変装テクニック - DNA

ロンドンの警官は238項目のチェックリストを消化しないと出動することができない - DNA

ディズニー、ビンラディンを殺害した特殊部隊「Seal Team 6」を商標登録 - DNA

ウクライナで行われた「国際ボディーガードコンテスト」の画像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧