アートとデザイン

モノクロームなのに活気が伝わってくる1930年代半ばのニューヨークの画像


1930年初頭、人口1000万人を超え人類史上最初のメガシティとなったニューヨーク。ちょうどその頃のどんどん伸びつつある街の姿を捉えた画像です。いわゆるランドマーク的な建造物だけでなく、ちょっとした街角の写真も多く、当時の活気が伝わってくるかのようです。
















ソース:New York City in Black & White | A Continuous Lean.

関連記事

映画のワンシーンのように雰囲気のある、ニューヨークの街角の売店の画像いろいろ - DNA

パリとニューヨーク、モダンな2つの都市の違いをイラストで表現 - DNA

廃墟となって静かに時を刻むニューヨークの古い劇場「キングス・シアター」 - DNA

伝統のオーケストラ、ニューヨーク・フィルがデジタルアーカイブを公開 - DNA

ニューヨーク市民が日々刻々何にムカついているかのインフォグラフィクス - DNA

「オフ交換」の復活か、ニューヨークの街中に登場した画期的なファイル共有システム「Dead Drop」 - DNA

ニューヨークの地下鉄の動きを環境音楽に変えてしまったインタラクティブなアート「MTA.me」 - DNA

これまで未公開だった「9・11同時多発テロ事件」の17分間の動画や153枚の静止画が新たに公開 - DNA

映画「ゴーストバスターズ」に登場した消防署、また予算不足で閉鎖の見込み - DNA

パンツをはかずに地下鉄に乗るいたずらイベント「No Pants Subway Ride」の写真 - DNA

今度は第3次世界大戦だ「Modern Warfare 3」ゲームプレイトレーラーが登場 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧