科学と技術

溺れている人のところまでラジコンで確実に届けることができる救難用浮き輪「U SAFE」の動画


水難救助の練習で、何度浮き輪やフロートを投げても非救助者に届かない……そんな経験をしたことがある人も多いのではないのでしょうか。そんなときにはこのラジオコントロール式救助浮き輪「U SAFE」が活躍しそうです。

水難救助において大事なのは、救助する側の安全。救助者が水にはいって助けにいくとしがみつかれて両者とも溺れてしまう危険があります。そこで浮き輪などを投げて手渡すわけなのですが、船から距離があったり、波が強かったりするとこの方法が使えなくなってしまいます。

そこで役に立つのが「U SAFE」。誰かが落水したらこれをひとまず海に投げ込みます。

あとは無線操縦で非救助者のところまで誘導するだけ。

何度も浮き輪を投げなくても一発でフロートを届けることができます。

体力が残っていなければそのまま船まで引っ張ってくることも可能です。

強い波でもこの通り。方向が変わってしまうこと無く着水して進んでいけるということです。

動画はこちらから。
U SAFE® – Big Jump For Saving Lives – YouTube

他にもドローンから救命ボートを投下する方法など、最近は救助者の安全を考慮した様々な無人デバイスが登場中。技術の進歩が確かに人命救助につながっているのを実感できます。
世界初となるドローンによる人命救助の瞬間、沖に流され溺れる男性二人を空から救出 – DNA

そのうちこういうのが泳いで助けにきてくれるようになるのでしょうか……。
ボストン・ダイナミクス社の二足歩行ロボ「ATLAS」がとうとう芝生の上を走れるようになった……という動画 – DNA

関連記事

世界初となるドローンによる人命救助の瞬間、沖に流され溺れる男性二人を空から救出 - DNA

多数のヘリウム風船をくくりつけた救命ボートで大西洋越えにチャレンジ - DNA

「ペット用シートベルトに効果なし」アメリカの消費者団体の試験で判明 - DNA

ラジコンA-10攻撃機にスポンジガンを積んで地表を機銃掃射してみる動画 - DNA

翼長4.8mの巨大ラジコン「エアバス A-320」が屋内を優雅に飛行している映像 - DNA

クリスマスツリーをラジコンヘリにして飛ばしてしまう人たち - DNA

地面を這い回るゾンビを完全再現したラジコンの動画 - DNA

ラジコンに一眼レフを載せてライオンの群れに向かうとこうなる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧