科学と技術

車を止めさせて安全に職務質問をするための警察官型ロボット「GoBetween」


スピード違反や飲酒運転が疑われる車を止めさせての職務質問の際、警察官が中にいる人物に撃たれたり、逆に中の人を撃ってしまったりという事故はアメリカでは多発していますが、このロボットシステムがあれば防げるようになるかもしれません。


GoBetweenはSRIインターナショナルのエンジニア、ルーベン・ブルアー氏が作り出したもの。名前は「間に入る」という意味で、文字通り警察官と取り締まられる側の間に入ってやりとりを助けてくれるメカとなっています。

車を路肩に止めさせたらこのようにアームを展開する。

このようにビデオ通話が可能で、直接やりとりしなくて済むので安全です。

違反切符の発行をするプリンターやサイン用のタッチパネルなども装備。

動画はこちらから。
GoBetween Robotics: A traffic stop robot to keep everyone safe – YouTube

もっとも海外のお巡りさんは他にも色々なモノと戦う必要があるわけですが……それでも撃たれる心配なくやりとりできるというのはいいメカなのかもしれません。
爆発・衝突・飛ぶシカ……アメリカのおまわりさんはめちゃくちゃ大変……ということがよく分かるドライブレコーダー動画 – DNA

関連記事

敏腕警察官が教える「銃を隠し持っているかどうか外見から判断する方法」のインフォグラフィクス - DNA

「トイレに泥棒がいる」武装警官が突入したらルンバがうろうろしていた……という事件が発生 - DNA

爆発・衝突・飛ぶシカ……アメリカのおまわりさんはめちゃくちゃ大変……ということがよく分かるドライブレコーダー動画 - DNA

「書類を見せろ……」逃げるバスのワイパーにつかまって追い続けたすごい警官の動画 - DNA

パトカーで熱唱する警察官を監視した映像を自ら公開し謝罪 - DNA

「書類を見せろ……」逃げるバスのワイパーにつかまって追い続けたすごい警官の動画 - DNA

フロントガラス越しに逃走車へ十数発発砲 殺人容疑者とのカーチェイス映像をラスベガス警察が公開 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧