科学と技術

沸騰した水はどれくらい安全になるのか実際に顕微鏡で覗いて比較してみた動画


自然の中にある水はきれいなように見えても、実際は微生物だらけなので、うっかりそのまま飲むと健康を害してしまいます。そこで沸騰させて飲む、というのが一応安全な方法と言われていますが、実際のところ、どれくらい安全になるのでしょうか。

そういうわけで水道水に植物を入れ、12日間放置して微生物を繁殖させます。

400倍に拡大したところ。微生物が活発に動いているのが見て取れます。

このビーカーの水を沸騰させます。アメリカの衛生機関では、きれいな水を得るためには通常1分間、標高2000メートルの地点では3分間沸騰させるべきというマニュアルがあるそうです。

そして沸騰させた結果がこちら。微生物は死に、ただの粒子が見せるブラウン運動で振動しています。

同じ水を使って培養してみた結果。右側では微生物の繁殖がほとんど見られません。

そういうわけで、微生物の活動はほぼ抑えられるようです。もっとも微生物の死骸や重金属、溶け込んだ化学物質などが除去できるわけではないので、これらをフィルタリングする手段も必要になります。動画はこちらから。
Boiled Dirty Water under the Microscope – YouTube

そもそも人間の体の表面には無数の微生物が生息しています。外から帰ってペタっと培養地に手をつけ、放置するだけでこんなことに……手洗いうがいといった普段の習慣もお忘れなく。
[閲覧注意]8歳の子ども手のひらにはこんなにもたくさんの微生物がいる……ということが分かる画像 – DNA

関連記事

[閲覧注意]8歳の子ども手のひらにはこんなにもたくさんの微生物がいる……ということが分かる画像 - DNA

テクノに乗せて「ウンコはトイレで!」と連呼するインドのユニセフの啓蒙動画「Take the Poo to the Loo」 - DNA

「ナウシカ」の世界が現実に、ポリウレタン樹脂を食べる胞子が発見される - DNA

戦闘機が宙返り中にコップに水を注いで飲むことは可能なのかを実際に検証した壮大な実験動画 - DNA

見えないくらい透明度の高い水が存在する魅力あふれる世界各地のリゾート地34選 - DNA

クリスマスツリーには水をしっかりと与えないといけない恐るべき理由 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧