世界のびっくりニュース

氷点下30℃で犬ぞりを操る女性はどれくらい着込んでいるのか?一枚一枚脱いでいくタイムラプス動画


米・アラスカで活躍する女性犬ぞりレーサーBlair Bravermanさんが、「氷点下30度以下の世界でどうやって体温を維持しているの?」という質問に体を張って答えているのがこちらの動画。着ている服を一枚づつ脱いでいくのですが……なかなか終わりがやってきません。

動画はこちらから。

このレベルの温度で元気に走り回る犬たち……その強靭な体はもうほぼ奇跡です。
What’s it like to run a 100 mile dogsled race? – YouTube

また極寒の環境でこれだけ重ね着した状態だとどうしても気になってしまうがこの質問「トイレはどうするの?」。女性でも立っている状態で用を足すことができる「pStyle」を使用しているとのこと。氷点下30度の世界ではいろいろと常識が違うようです。

ちなみに世界一寒い村として知られるロシア・シベリアの「オイミャコン」の冬の景色はこちら。とにかく寒いことは伝わってきます。
シベリアの世界一寒い村「オイミャコン」の冬はこんな感じ

関連記事

南極で最も危険な気象状況「Condition 1」時に南極観測基地の扉を開けるとこんな感じ - DNA

女性用立ちショントイレが中国に登場 - DNA

氷点下30℃のカナダ・タキニ温泉で行われた「ガチガチに凍った髪型コンテスト」 - DNA

氷点下40℃で温かいお茶を空中にぶちまけると神秘的な光景が現れる - DNA

ノルウェーのホテル、空港で犬ぞりタクシーの送迎サービスを開始 - DNA

氷点下20℃の世界 白く幻想的なモスクワの冬をドローンで空撮した映像「Moscow in Winter」 - DNA

アメリカに現存する100年以上の歴史を持つ売春宿「RED ONION SALOON」 - DNA

真夜中に道の真ん中を歩く巨大ヘラジカの圧倒的存在感 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧