アートとデザイン

ほんものの「イパネマの娘」はこんな人だった


50年代後半、ブラジルで生まれた新しい音楽のスタイル「ボサノバ」を世界に知らしめるきっかけとなったのが「イパネマの娘」ですが、実はこの名曲には「元ネタ」となったモデルがいたのです。

「(自分を題材に曲が書かれていたことを)当時はまったく知らなかった」と語るエロ・ピネリョさん。

17歳の時の1962年、地元であるイパネマのビーチを歩いていたところを作曲家のアントニオ・カルロス・ジョビンヴィニシウス・ヂ・モライスが見かけ、曲作りのきっかけとなりました。3年後の65年には「イパネマの娘」は爆発的なヒットとなり「『イパネマの娘』はいったい誰のことなんだ」と探し求める人が大挙したため、名乗り出ることになりました。

動画はこちらから。
Meet The Real-Life Girl From Ipanema | TODAY – YouTube

ちなみに一番好きな「イパネマの娘」のカバーはフランク・シナトラによるものだとか。
Frank Sinatra – “The Girl From Ipanema” (Concert Collection) – YouTube

「裏方」にいた存在が表に出てくるのは、どんな時も興味深いもの。こちらも長らく秘密のベールに隠されていた人ですが、来歴は実に興味深いです。
[字幕動画]あの「Siri」の声優さん、とうとう名乗り出る – DNA

関連記事

ブラジルの古都サルヴァドールをスマホのみで撮影した超美麗なタイムラプス「Salvador Hyperlapse」 - DNA

今、南米で一番アツい都市「リオ・デ・ジャネイロ」を思いっきり感じられるタイムラプス映像「RIO(リオ)」 - DNA

世界が金色に輝く魔法のような時間帯「マジックアワー(ゴールデンアワー)」に撮影された美麗な風景写真25枚 - DNA

どう演奏しても名曲、サッチモの「この素晴らしき世界」を16の違うジャンルで演奏して比べてみる動画 - DNA

ホイットニー・ヒューストンの「えんだあぁぁあぁぁ!」が上手に歌えなくて自分を許せない少女の動画 - DNA

世界最高峰のカスタネット演奏者ルセロ・テナによる圧巻のパフォーマンス動画 - DNA

ポップス5000曲で最もよく使われているコード進行は「4->1->5->6」だった - DNA

超過激なメタルバンド「ラムシュタイン」が癒やし系ボサノバ・バージョンで「Du hast」を演奏するとこうなる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧