世界のびっくりニュース

2018年のベストな12台を横一列に並べた夢のゼロヨン・ドラッグレース「WORLD’S GREATEST DRAG RACE 8」


Motor Trendが選ぶベスト・ドライバーズ・カー12台をずらっと横一列に並べどの車が一番早いのかの競う夢のゼロヨン・ドラッグレース「WORLD’S GREATEST DRAG RACE」が今年も開催されました。8回目を迎える今回はどんな結果となったのでしょうか。

動画はこちらから。
WORLD’S GREATEST DRAG RACE 8! – YouTube

WORLD’S GREATEST DRAG RACEに参加するのはこちらの12台。場所はロケットの打ち上げも行われる米・カリフォルニア州のヴァンデンバーグ空軍基地内にある約4500mの滑走路です。

エントリーNo1: 2018 ホンダ シビック・タイプR(306HP)

エントリーNo2: 2018 フォード マスタングGT プレミアム/PP@(460HP)

エントリーNo3: 2018 アウディ TT・RS(400HP)

エントリーNo4: 2018 アストンマーチン ヴァンテージ(503HP)

エントリーNo5: 2019 シボレー コルベット・ZR1 1ZR W/ZTK(755HP)

エントリーNo6: 2018 ボルシェ 911 GT2 RS(690HP)

エントリーNo7: 2018 マクラーレン 720S(711HP)

エントリーNo8: 2018 ランボルギーニ ウラカン ペルフォルマンテ(630HP)

エントリーNo9: 2018 BMW M5(600HP)

エントリーNo10: 2018 アルファロメオ ステルヴィオ Q4 クワドリフォリオ(505HP)

マツダ・ロードスター。世界中で愛される名車なのですが今回はパス……

エントリーNo11: 2019 ダッジ チャレンジャー R/T SCAT PACK 1320(485HP)

エントリーNo12: 2018 KIA スティンガーGT(365HP)

昨年の「WORLD’S GREATEST DRAG RACE 7」で優勝した「2017 テスラ Model S P100D」をはじめフェラーリ、レクサス、日産・GTRなどは今年は不参加のようです。

12台揃ったところでゼロヨン・ドラッグレースのスタート!

気になるレースの結果はこちら。優勝は「マクラーレン 720S」。いくつか前後はありますがほぼパワー(馬力)通りの順当な結果となっているのですが、気になるのはやはりコルベットでしょうか……

ちなみに映像内にも登場していたマツダ・ロードスターは、ある条件が揃うとどんなスーパーカーもゼロヨンでぶっちぎることができる模様。その証拠映像をマツダ・カナダが公開しています。
ある条件下ではスーパーカーをぶっち切れるマツダ・ロードスターの公式動画

関連記事

2017年のゼロヨン最速マシンが決定 日欧米の最新スーパーカー12台を横一直線並べた夢のドラッグレース - DNA

これは贅沢、9台のスポーツカーでドラッグレースする「The World’s Greatest Drag Race」 - DNA

ジェットエンジン搭載スクーターVSランボルギーニのドラッグレースムービー - DNA

ドラッグレース専用のモンスター 1万1000馬力のHEMI・V8エンジンのリビルド映像 - DNA

850馬力と1万馬力の加速力の違いを一発で理解できる動画 - DNA

その名は「ハーレー殺し」、70年代最速のドラッグレーサーバイク「Hogslayer」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧