アートとデザイン

その姿はまるで迫り来る巨大な壁 砂嵐ハブーブを追いかけ撮影した「The Great Haboob Chase」


「The Great Haboob Chase」は最大で幅100km、高さ数kmにもなることもある乾燥地帯で発生する砂嵐ハブーブ(Haboob)を140マイル(約225km)に渡って追いかけて撮影した映像。ハブーブの圧倒的迫力はまるでこの世の終わりが迫りくるようです。

動画はこちらから。
The Great Haboob Chase on Interstate 8 on Vimeo

この映像は、米・アリゾナ州の写真家 Mike Olbinski 氏が2018年7月9日にアリゾナ州に発生したハブーブを記録したもの。この日、カリフォルニア州とアリゾナ州を結ぶ州間高速道路8号線(インターステート8)を140マイル(約225km)、3時間半追いかけて撮影されています。

1.

2.

3.

4.

5.

またストームチェイサーでもある Olbinski 氏はこの規模のハブーブは2011年7月5日以来だとのこと。その時のハブーブの映像はこちらです。
The Phoenix Haboob of July 5th, 2011 on Vimeo

またハブーブが発生するのはアリゾナだではありません。こちらの中東やオーストラリアなど世界各地のハブーブを撮影した写真です。
世界の終焉を思わせる、まるで巨大な壁のような強烈な砂嵐「ハブーブ」の写真15枚

関連記事

超巨大な雨の塊が地面に叩きつけられる「マイクロバースト」の瞬間 - DNA

現在も破壊されたままの状態で残る、100年前に中東の砂漠に建設された「ヒジャーズ鉄道」 - DNA

アフリカ・ナミブ砂漠の死の雰囲気が漂う恐ろしく危険な海岸「骸骨海岸(スケルトン・コースト)」 - DNA

圧倒的エネルギーを感じさせる嵐雲「スーパーセル」を捉えたタイムラプス映像いろいろ - DNA

世界で最も乾燥したアタカマ砂漠に大量の雨が降ると想像を超えた絶景が現れる - DNA

アフリカ・ナミビアのナミブ砂漠にあるこの世のものとは思えない死の沼地「デッドフレイ(Deadvlei)」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧