世界のびっくりニュース

今いる場所が数億年前は地球のどこだったのかピンポイントでわかる世界地図


約45億年前に誕生し約40億年前ごろに原始海洋ができて生物が誕生したとされる地球。その後現在まで姿形が大きく変化し続けています。では数千万年〜数億年前の現在地はどんなところだったのでしょうか。

自分の住んでいる住所を入力するとその場所が昔はどんな場所だったのかをインタクティブに表示するのがこちらの世界地図「Ancient Earth globe」です。
Ancient Earth globe

実際に日本位置を調べて見るとこんな感じだったようです。

1. 現在の地球。日本の形がわかりやすいように札幌、東京、大阪、福岡をドットで表示しています。

2. 恐竜が絶滅したとされる約6千600万年前の地球。日本の形も大きく違っていたようです。

3. パンゲア大陸が分裂を始めた約2億年前の地球。日本は大陸の海岸線の山脈だった模様。
参照:かつて地球に存在した唯一の超大陸「パンゲア大陸」に現在の国を当てはめた地図

4. 恐竜が現れ始めた約2億4千万年前(三畳紀)の地球。この地図で日本の位置がわかるのはこの頃までとなっています。

さらに三畳紀以前の地球や世界中の様々な都市の昔の場所なども検索して見ると面白そうです。

またこちらは地図上で国を動かして大きさを比較できるインタラクティブな世界地図。緯度のちがう国の実際の大きさがよくわかります。
実際に動かして国の大きさを比較出来る世界地図「The True Size Of …」

関連記事

ヨーロッパやアメリカから見た他の国のイメージを描き表したおもしろ地図いろいろ - DNA

100年前の地球は果てしなく広かったことがよく分かる1914年製の世界地図 - DNA

世界の色々な統計データをビジュアル化して、詳しく知ることができる世界地図40枚 - DNA

ネットで現在進行中のサイバー攻撃をリアルタイムに可視化する世界地図 - DNA

世界各地に存在する3400以上の「消滅危機言語」をまとめた世界地図 - DNA

古代メソポタミア文明から現代まで世界の文明の推移がよくわかる世界地図動画 - DNA

図法の特性がまるわかり 様々な種類の世界地図を人の顔で再現するとこうなる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧