アートとデザイン

緑に侵食され自然と一体化しつつある東シナ海の「漁村の廃墟」を空撮したドローン映像


植物に侵食され人工的なモノ全てが自然に飲み込まれつつある中国・東シナ海の島にある漁村の廃墟をドローンを使って空撮した映像「Houtouwan – The Lost Village」。村全体が自然へ戻りつつある姿は神秘的にも感じます。

中国・上海から東へ60kmのところに位置する400の島々からなるジョウ泗列島。その中の嵊山島にはかつて漁業で栄え2000人もの漁師たちが暮らしていた漁村「後頭湾(后头湾)村」が存在していました。

しかし、1990年代になると上海近海に登場した巨大なトロール船により漁村としての需要がなくなってしまい、住人達は仕事を求め島から離れていき村は廃墟化してしまいます。

そして現在このゴーストタウンは観光客とその観光客目当ての物売りがやってくるのみとなっています。

動画はこちらから。
Houtouwan – The Lost Village on Vimeo

この映像は中国・上海で活躍する映像作家 Joe Nafis 氏の作品です。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

いずれはかつてのアンコール遺跡やマチュピチュのように自然へ戻ってしまい人の記憶から忘れられた存在になってしまうのでしょうか。

またこちらは地上から撮影したジョウ泗列島の漁村の廃墟を撮影した写真です。近くで見ると迫り来る緑の勢いをさらに感じることができます。
自然に飲まれ消えつつある中国・東シナ海の島に残され廃墟となった漁村の美しい風景

関連記事

学校へ行くだけで命懸け、世界の過酷すぎる通学路の登校風景いろいろ - DNA

住民に放棄され街ごと廃墟と化した世界のゴーストタウン13選 - DNA

奇妙かつ哀しい理由で廃墟となってしまった世界のゴーストタウン24選 - DNA

寄り道の魅力、世界の横道・路地裏の美しい画像いろいろ - DNA

これが桃源郷か……とにかく魅力的な世界の小さな村の写真いろいろ - DNA

古き良きチベットの世界、かつてヒマラヤ禁断の王国と呼ばれた旧「ムスタン王国」の写真22枚 - DNA

遥か上空、富士山頂よりも高いところに存在している都市7選 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧