科学と技術

いつも閉めておかないといけない防火扉にはどんな意味があるのかよく分かる画像


いつも閉まっている防火扉は、両手に荷物を持っている時には開けにくく、扉の前にモノを置いておくこともできないので普段の生活の中ではちょっと不便なものですが……それにはそれだけの意味があるということがよく分かる画像です。

こちらが外側からみた防火扉。そこまで大きな変化は無いように見えますが……

中は大惨事

これだけのことになってしまう炎でも、防火扉が一枚あるだけで食い止めて、脱出路を確保することができるのです。

防火扉のテストはこんな感じ。中と外ではまったく違いますね。
Fire door test – YouTube

日頃の備えというか、設備というのはものすごく大事。ちょっと燃えにくくなるだけの工夫が、時に命をつなぎます。
山火事に囲まれた家から庭のスプリンクラーをつけっぱなしにして避難するとこうなる – DNA

ソース:I Dig Hardware » Another Fire Door Win!

関連記事

「火事なのに門が開かない……!」一発で門を通り抜けた消防士がすごい - DNA

トラック運転手の素晴らしい機転でビル火災からたくさんの人が無傷で救出される - DNA

「予算がなくて……」アメリカのとある消防署がすごいものを警報装置に使っている。 - DNA

消火訓練用の水にジェット燃料が混入、あわや大惨事に - DNA

Google Glassを使って消防士用の支援アプリを制作した消防士さん - DNA

山火事で焼滅した街にいつものように荷物が配達されている……非現実的で悲痛な光景 - DNA

山火事に囲まれた家から庭のスプリンクラーをつけっぱなしにして避難するとこうなる - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧