世界のびっくりニュース

子象に子守唄を歌ってもらうために飼育員さんを押して連れてくる象の動画


象の思考能力・記憶力はかなり高く、色々な芸をしたり絵を描いたり、中には人間の言葉を聞き分けたりできるものもいるそうですが、こちらの象は子象に子守唄を聞かせるために、飼育員さんを押して連れてくるというなんともすごい賢さを見せてくれます。

タイのエレファント・ネイチャー・パークで観光客の案内をする創設者のLekさん。

すると突然、象のFaamaiがLekさんをどこかに連れて行こうと押し始めました。

他の方向に行こうとすると「そっちじゃないよ」とばかりに鼻を使ってLekさんを押すFaamai。

そして子象のThong Aeの所に連れてこられたLekさん。最初は困惑したものの、Faamaiも好きだった子守唄を歌ってほしいのかも?と気づいたそうです。

動画はこちらから。
Faamai wants Lek to sing a lullaby to baby elephant, Thong Ae – YouTube

象は音楽が大好きな生き物。ベートーヴェンのピアノソナタにうっとりと聞き入る様子は微笑ましく、そして幻想的です。
盲目の象のためのソナタ、ベートーヴェン「悲愴」第2楽章 – DNA

関連記事

[閲覧注意]インドの野良ゾウ、街で暴れて死傷者続出 - DNA

水たまりから脱出するため頑張るゾウの赤ちゃんの動画 - DNA

ゴミをきちんとゴミ箱に捨てているゾウを監視カメラが撮影していた - DNA

野生のゾウの強烈な威嚇突進に全く動じない男性の行動に驚愕 - DNA

ゾウの赤ちゃんの素敵な勘違い、川で泳ぐ大好きな飼育員を怒涛の勢いで救出へ向かう - DNA

飼育員さんの膝の上に乗りたくて仕方がない子ゾウがかわいい - DNA

あの「コピ・ルアク」を軽く凌駕する世界一高価な超高級コーヒー豆「ブラック・アイボリー(Black Ivory)」の製造工程の写真 - DNA

アフリカの動物と共に育ったフランス人の女の子「ティッピ(Tippi)」の画像や動画いろいろ - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧