アートとデザイン

星を奪い生態系を乱す光害を夜空の汚染レベルで比較したショートフィルム「Lost in Light」


都会の夜空から大自然のど真ん中の夜空まで8つのレベルで夜空をタイムラプス映像で分かりやすく比較したのがこちらの映像シリーズ「Lost in Light」。いつも見ている夜空からいかに星が消えてしまっているのかがよくわかります。

街中を明るくする夜間に使用される照明はとても便利な反面、夜中に空を見上げても殆ど星が見えないだけではなく、昆虫や野生動物など生態系へ影響や過剰なエネルギーの浪費など様々な「光害」をもたらしています。

では実際に「光害」はどのように夜空に影響を与えているのでしょうか。こちらの映像はアメリカの映像作家 Sriram Murali 氏が制作した映像です。汚染レベル別の夜空で非常に分かりやすく比較されています。

天の川で比較した「Lost in Light」

Lost in Light – a short film on Light Pollution – YouTube

1.「光害レベル:8」 サンノゼ(カリフォルニア州)の夜空

2.「光害レベル:1」 デスヴァレー国立公園(カリフォルニア州)の夜空

オリオン座で比較した「Lost in Light II」

Lost in Light II – a short film on Light Pollution – YouTube

3.「光害レベル:8」 サンフランシスコ(カリフォルニア州)の夜空

4.「光害レベル:1」 ゴブリン・バレー州立公園(ユタ州)の夜空

ちなみに光害の影響を受けにくい雲の上を飛ぶ飛行機から撮影された景色がこちら。コックピットからしか見ることが出来ない格別な夜空が存在しています。
大型旅客機のパイロットのみが知る奇跡の景色、コックピットから撮影された雲の上の写真がすごい

関連記事

紅海から香港まで30日間の航海 大型コンテナ船からの景色を記録した4Kタイムラプス映像が凄い - DNA

ただただ美しい……大陸ど真ん中にある中央アジアの圧倒的な大自然のタイムラプス映像「Amazing Kazakhstan」 - DNA

天の川にレーザービームが舞うハワイ・マウナケア天文台群のタイムラプス映像とスチル写真 - DNA

星の軌跡で悠久の宇宙のリズムを浮かび上がらせた写真いろいろ - DNA

天の川、オーロラ、流れ星がクリアに撮影された夜空のタイムラプス動画「Temporal Distortion」 - DNA

ナミブ砂漠の夜空を6時間撮影、そこには想像を超えた幻想的な景色が存在していた - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧