科学と技術

ケーニグセグ・アゲーラRSが0-400−0km/hの市販車最速記録を更新 ブガッティ・シロンの記録を軽く抜き去る


スウェーデンのスーパーカー「ケーニグセグ・アゲーラRS(Koenigsegg Agera RS)」が、 完全に停止した状態(0km/h)から400km/hまで一気に加速、そして再び完全停止した状態(0km/h)までを36.44秒で完了し市販車最速記録を更新。その一部始終を記録した映像が公開されました。

2017年10月1日にデンマークの元空軍基地で行われたこの挑戦。使用されたのはアメリカのオーナーへ引き渡しが決まっている「ケーニグセグ・アゲーラRS」。0-400−0km/hの性能が他のメーカーと比較して高いことを証明してほしいとのオーナーからの要望で実現しています。ハンドルを握るのはケーニッグゼグ工場ドライバーのNiklas Lilja 氏です。

動画はこちらから。0-400−0km/hの挑戦は1分25秒くらいからはじまります。
Koenigsegg Agera RS 0-400-0 – YouTube

停止状態から400km/hに達するまで26.88秒、距離は1958m。400km/hから停止するまで9.56秒、483m。合計36.44秒、2441mで0-400−0km/hを完了しています。

ケーニグセグ・アゲーラRS。オーナーへ引き渡し前の車両のため、傷防止の工業用テープがあちこちに貼られたままの状態で挑戦が行われました。

また2017年8月6日、F1でも活躍したプロレーシングドライバー J・P・モントーヤ選手がハンドルを握るブガッティ・シロン(Bugatti Chiron)が0-400−0km/hを41.96秒で走り世界記録を出したばかりでした。

その時の記録は停止状態から400km/hに達するまで32.6秒、距離は2621m。400km/hから停止するまで9.3秒、491m。合計41.96秒、3112mで0-400−0km/hを完了しています。

こちらはブガッティ・シロン(Bugatti Chiron)が0-400−0km/hで最速記録を更新した時の映像です。
BUGATTI Chiron 0-400-0 km/h in 42 seconds – A WORLD RECORD #IAA2017 – YouTube

記録を比較してみると……

1. 停止状態から400km/h
アゲーラRS:26.88秒 1958m
シロン:32.6秒 2621m

2. 400km/hから停止
アゲーラRS:9.56秒、483m
シロン:9.3秒、491m

加速についてはアゲーラRS、急停止についてはシロンだったようです。

またブガッティ・シロンの映像の最後には「続く(TO BE CONTINUED.)」と表示され、450km/h近くを指すスピードメーター。気になりますね。

ちなみに「Kawasaki Ninja H2R」は無改造のオリジナルセッティングで400km/hに約26秒で達しています。
Kawasaki Ninja H2R、無改造のオリジナルセッティングで400km/hの世界最速記録を樹立

ソース:Koenigsegg Agera RS completes 0-400-0 km/h in 36.44 seconds – Koenigsegg | Koenigsegg

0-400-0 km/h in 42 seconds: Bugatti Chiron sets world record – News – Media – Bugatti

関連記事

2017年版、現在最も高い値段で売られている新車トップ10 - DNA

マン島TTレースでスーパーバイクの最速ラップレコードを記録した時の大迫力オンボード映像 - DNA

「狂気モード」を搭載した世界最速の電気自動車「テスラ モデルS P85D」のスタート加速は本当に狂っていた - DNA

2017年のゼロヨン最速マシンが決定 日欧米の最新スーパーカー12台を横一直線並べた夢のドラッグレース - DNA

スバル・WRX STI、マン島TT四輪車最速記録を更新したフルラップ・オンボード映像 - DNA

3億円超のスーパーカー「ブガッティ・シロン」 完全停止状態から351km/hに到達するまでのスピードメータ映像 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧