アートとデザイン

落書きが蔓延し重大犯罪の巣窟だった70〜80年代のニューヨーク市地下鉄の貴重な写真22枚


1904年に開業したニューヨーク市地下鉄ですが70年代になると施設の老朽化に伴い落書き(グラフィティ)や犯罪が多発し遅延や車両トラブルも日常茶飯事に。1979年には1週間で250件もの重大犯罪が発生しており、世界一危険な地下鉄として世界中で知られることになります。

これらの写真は、ニューヨークに滞在していたスイス出身の写真家 Willy Spiller 氏が1977年〜1984年にニューヨーク市地下鉄を撮影したもの。「Hell on Wheels」として出版されています。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

19.

20.

21.

22.

当時はヒップホップ黎明期でもあったニューヨーク、何か得体の知れないエネルギーに満ちあふれています。

ちなみに同じ頃の日本の地下鉄構内にはこんなマナーポスターが貼られていました。とても同じ時代とは思えない……
懐かしさとレトロ感がたまらない、1970〜80年代に活躍したマナーを訴えている東京の地下鉄ポスター27枚

ソース:Rare Photos Of NYC Underground In The 70’s And 80’s A.K.A “Hell On Wheels” | Bored Panda

関連記事

一目瞭然、世界42大都市の地下鉄網を同じスケールで並べて比べてみた - DNA

巨匠・スタンリー・キューブリックが18歳の頃に撮影したニューヨーク地下鉄のモノクロ写真16枚 - DNA

現在でも美しく色鮮やかに残る1945年に閉鎖されたニューヨークの地下鉄駅「City Hall」 - DNA

可能な限りシンプルに縮小された世界200以上の地下鉄路線図「Mini Metros Maps」 - DNA

不快指数100%超、世界一混雑した東京の地下鉄の通勤ラッシュ写真集「Tokyo Compression」 - DNA

旧ソ連時代の遺物 豪華絢爛な装飾が施されたロシアの地下鉄の写真シリーズ「Russia: A Bright Future」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧