アートとデザイン

120年前の日本の春が色鮮やかに蘇る、明治時代に撮影された桜が咲き誇る風景のカラー復元写真25枚


日本の春の風物詩といえば満開に咲き誇る桜。120年以上も昔の明治中期頃に撮影された日本の桜のある風景をカラー復元したものがこちらの写真。着物に和傘の人々や人力車などの風景はもう見ることは難しくなっていますが、桜の美しさは現在も変わらず存在しています。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

19.

20.

21.

22.

23.

24.

25.

日本の花見の歴史は非常に古く奈良・平安時代の頃に始まったとされており、今なお愛され続けている桜。やはり心落ち着く景色ですね。

ちなみにこちらはほぼ同時代の1908年(明治41年)に撮影された日本の風景写真です。モノクロの写真ですが当時の日本の様子が記録されています。
明治後期に日本の何気ない日常の様子を撮影した貴重なモノクロ写真集

ソース:vintage everyday: Cherry Blossom in Japan 120 Years Ago – Beautiful Colorized Photos of Springtime in the Land of the Rising Sun Before 1900

関連記事

人類の重要な歴史の1コマを色鮮やかに蘇らせたカラー復元写真40枚 - DNA

世紀の瞬間が色鮮やかに蘇る「ツタンカーメン王墓の発掘」のカラー復元写真 - DNA

1910年代に撮影されていたエジプト・カイロの貴重なカラー復元写真 - DNA

「日本最後の侍たち」江戸後期から明治の時代に撮影された武芸者たちの写真いろいろ - DNA

20世紀初頭、清朝末期の北京の様子を捉えた非常に貴重なカラー復元写真いろいろ - DNA

20世紀初頭の大富豪が22年に渡り世界中に写真家を派遣し撮影した壮大なカラー写真プロジェクト「The Archives of the Planet」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧