世界のびっくりニュース

コンピュータ以前に活躍した機械式計算機でゼロ除算すると……大いにパニクる


Unix系OSでの「rm -rf /」など世の中にはやってはいけないと言われていることがありますが、どうやら歯車などを使って計算する機械式計算機での「ゼロ除算」もその一つのようです。突然壊れたかのように全力で動き続ける機械、ちょっと怖いです。

動画はこちらから。
Facit ESA-01 Division by 0 – YouTube

無限ループのビジュアル化ってところでしょうか。こんな状態になってしまったらもう電源を抜くしかない?

この映像で使用されているマシンは、スウェーデンのファシット社製造の機械式計算機「Facit ESA-01」。足し算・引き算・掛け算・割り算の機能があり13桁まで表示できるというもの。ちなみに重さは13kgほどあるため結構な迫力がありますね。

映像ではカバーが外された状態のため機械っぽさ全開ですが、カバーをつけるとまた雰囲気が変わります。まあ、どちらにしろかなりゴツいですが……
Facit C1-13 & ESA-01

また機械式計算機の内部は無数の歯車やドラムが複雑に並び非常に機能美溢れる機構をしています。
歯車等で複雑な演算を行う機械式計算機の機能美溢れる内部写真シリーズ「Calculators」

関連記事

複雑なメカニズムが芸術的な美しさを持つ機械式時計の内部写真14枚 - DNA

機械式腕時計の組み立て工程を撮影した機械美あふれる動画 - DNA

パテックフィリップ創業175周年記念、世界で最も複雑な機構を持つ機械式腕時計「グランドマスター・チャイム 5175モデル」が登場 - DNA

アナログな機械を徹底的にバラバラにして並べなおしたアート作品の画像と動画 - DNA

熟練時計職人がロレックスのサブマリーナとデイトナを分解・組立しているオーバーホール映像 - DNA

240年前にスイスの時計職人が作った文章を書く人造人間(オートマタ)「The Writer」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧