科学と技術

沼地、砂地、雪原、氷上、更には水の上までも走破するロシア製ATV「Sherp」


「Sherp」は、見た目はおもちゃのミニカーのような形状をしていますが、ツンドラの奥地やシベリアのタイガなどのロシアの極地もガンガン攻めることが出来るロシア・Sherp社が製造するATV(全地形対応車)。薄い氷の張ったロシアの川を走っている姿はまさに圧巻です。

「Sherp」の一番の特徴は空気圧を調整可能な巨大なタイヤ (1600x600x25) が装着されてること。走行可能な場所は水の上だけではなく、70cmまでの障害物を乗り越えることが出来るため、砂漠地帯の大きめの岩や森の中の倒れた木などの障害物のある道、ぬかるんだ沼地や大量に積もった雪原、凍った川・湖など地上の悪路までも走破出来ます。

ШЕРП / SHERP / Вездеход Алексея Гарагашьяна – YouTube

1.

2.

3.

4.

5.

エンジンは、1.5Lのターボディーゼルを搭載し地上での最高速度は45km/h、水上での最高速度は6km/hとなっています。車重は1300kg、最大積載量は1000kg。そして気になる価格は、スタンダートモデルが、約730万円(6万5000ドル)〜。また、増設燃料タンクなどのオプションや上級モデルも存在しています。
Products & price — Вездеход ШЕРП / SHERP

6. 車両全体のサイズはこんな感じ

見た目も機能もラジコンがそのまま大きくなったような「Sherp」。ロシアの大自然で思いっきり運転してみたいですね。

ちなみに似たようなコンセプトの戦車も存在しており、水に浮くキャタピラで水の上を疾走しています。なかなかの迫力です。
アメリカ国防総省DARPA「水に浮くキャタピラ」で水上を疾走する車両を開発

関連記事

お値段1億3千万円、防弾処理されてもう誰も止められないベンツの6輪駆動のSUV「Mercedes G63 6×6」 - DNA

タヒチのビッグウェーブをバイクでサーフィンしている映像「PIPE DREAM」 - DNA

「絶対パンクしないタイヤ」でいかなる道も走破する4輪バギー「Sportsman WV850」登場 - DNA

オフロード車がほぼ垂直の坂を駆け上がっていくレース「Formula Offroad」 - DNA

空想科学イラストの旗手、小松崎茂のボックスアート作品いろいろ - DNA

「夏用タイヤの4WD」と「冬用タイヤの2WD」雪道をちゃんと走れるのはどちらか比較する動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧