世界のびっくりニュース

メキシコ最大の麻薬カルテルのドンの息子たちがSNSに投稿した非日常的な写真いろいろ


2015年7月11日、厳重な警備のなか刑務所の脱獄に成功したメキシコ最大の麻薬カルテル「シナロア・カルテル」の最高幹部にして麻薬王 ホアキン・グスマン。その息子たちがSNSに投稿している写真が非日常的で物凄いことになっています。

猛獣の赤ちゃんや巨額の現金、エキゾチックなスーパーカーやセクシーな女性たち、そしてたくさんの武器……。メキシコの麻薬カルテルは武装しすぎなことは有名ですが、それにしても非日常的な暮らしぶりです。

1.

2.

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

19.

20.

21.

22.

23.

24.

25.

26.

27.

28.

29.

30.

31.

32.

33.

34.

ホアキン・グスマンは、1989年に結成されたメキシコ最大級の犯罪組織とみられる「シナロア・カルテル」の創設リーダーの一人。その後組織を掌握し「麻薬王」と恐れられアメリカ当局からは「アルカ・ポネ以来の社会の敵」とコメントされています。また総資産10億ドルともいわれる財産を築き上げており、2度の脱獄(2001年、2015年)を成功させています。ちなみに妻は4人以上、子どもについては10人以上が確認されているようです。

こちらはドバイの皇太子がSNSに投稿した写真。どちらも非日常的写真なのですが決定的な違いがありますね。
ドバイ首長国の次期首長ハムダーン皇太子のInstagramが凄い

ソース:El Chapo Guzman’s Sons Love To Flaunt On Social Media – Caveman Circus | Caveman Circus

関連記事

メキシコの麻薬カルテルと公的機関の相関図が巨大すぎて大変なことになっている - DNA

国境をローコスト・ローリスクで一気に越える、メキシコからアメリカへの驚きの麻薬密輸方法 - DNA

南米コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルが所有していた廃墟と化している別荘島「Drugs islands」 - DNA

麻薬王「パブロ・エスコバル」の奇妙なオブジェ満載な大邸宅「Hacienda Nápoles」の画像いろいろ - DNA

麻薬組織の密輸用潜水艦の中はこんな風になっている - DNA

[閲覧注意]麻薬を体内に隠して密輸しようとした男のX線写真がすごい - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧