ゲーム

ダイナミックなパルクールを楽しみながら「中立なインターネット」がよく分かるゲーム「404Sight」


「たとえ都合が悪くともどんなコンテンツも平等に扱わなければならない」というのが「中立なインターネット」。しかし今、この原則がアメリカで危機に立たされています……が、そういうメッセージをほんのちょっぴりだけ込めた3Dゲームをユタ大学の学生が制作しました。

「404Sight」(foresight……先見の明、404とかけて未来が見えない、ということでしょうか)は、ユタ大学の学生が制作しているゲーム。街中をアクロバティックに駆け巡る「パルクール」を題材に、ゴールまで走り抜けるゲームです。
404Sight – IGF Trailer – YouTube

現在、FCC(連邦通信委員会)では、ISP(プロバイダー)が、Webサイトのオーナーが支払う金額に応じて、当該サイトへの接続速度に差をつけてもよいというシステムを提案しています。

大規模商用サイトは多くのトラフィックを占めてしまうので、そうしたところに追加課金する、というアイディアなのですが「都合の悪いコンテンツのあるサイトをなんだかんだで規制できてしまう」ため、中立性を欠くとしています。

ゲーム中では、床の色によって走るスピードが高速になったり、低速になったりすることで、この「速度規制」を非難しているとのこと。メッセージをこめたゲームは若干うるさくなりがちなのですが、これくらいのやんわりさだと面白さの邪魔にはならなさそうです。

動画はこちらから。
404Sight Launch Trailer – YouTube

関連記事

世界各国のインターネット回線はどれくらいの速度が出るのか比較したグラフ - DNA

15万ドルで人工衛星を買い取って無料インターネット接続の提供を目指すプロジェクト「Buy This Satellite」 - DNA

1995年にバカ売れした「インターネット入会キット」 - DNA

発展途上国にDIYで無線インターネットを提供するオープンソースプロジェクト「FabFi」 - DNA

これがインターネット依存症……?電源と無線LANを探して歩くニューヨークの人々の写真いろいろ - DNA

1977年のインターネットはこんなにも狭かった……ネット上の端末すべてを掲載したマップ - DNA

初代から最新の「9」まで、Internet Explorerのレンダリングエンジンを試してみた動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧