一度は味わってみたい世界のいろいろなコーヒー・レシピ


世界中で最も飲まれていると嗜好飲料と言われるコーヒー。そのため飲み方も国や地域毎に愛されているレシピがたくさんあります。チョコレートやホイップクリーム、砂糖などは日本でもお馴染みですが、アルコールや卵などが入ったちょっと風変わりなコーヒーの飲み方も存在しています。

ポルトガル「マザグラン:Mazagran」

材料:レモン(1/2カップ)、氷、冷やしたコーヒー、砂糖

作り方:カップにレモンを絞ります。次にコーヒーにお好みの量の砂糖を入れ、先ほど絞ったレモンをコーヒーに注ぎます。あとは氷の入ったグラスに注げが完成です。レモンスライスを浮かべてもいい感じになります。

ドイツ「アイスカフェ:Eiskaffee」

材料:アイスクリーム、ホイップクリーム、チョコレート、冷たいコーヒー

作り方:アイスクリームを2すくい程カップに入れ、コーヒーを注ぎます。ホイップクリームをトッピングし、チョコレートを振りかけます。

ベトナム「カフェ・スア・ダー:Ca phe sua da」

材料:コンデンスミルク、粉コーヒー、氷

作り方:カップに大さじ2〜3杯のコンデンスミルクを入れ、コーヒーを入れます。後は氷の入ったグラスに注ぐと完成。

フランス「カフェ・オ・レ:Cafe Au Lait」

材料:スチームドミルク、コーヒー

作り方:カップにコーヒー、スチームドミルクを入れるとカフェオレの完成。

ギリシャ「フラッペ:Frappe」

材料:インスタントコーヒー、砂糖、水

作り方:小さじ1杯のインスタント・コーヒーと小さじ1杯の砂糖を入れたグラスに少量の水を注ぎハンドミキサーで十分かき混ぜます。後は氷と冷たい水を適量注げば完成です。

香港「鴛鴦茶(えんおうちゃ):YuanYang」

材料:紅茶、コーヒー、コンデンスミルク、氷

作り方:カップに大さじ3杯のコンデンスミルクを入れコーヒーを注ぎかき混ぜます。次に紅茶、氷を入れて出来上がり。

イタリア「マロッキーノ:Marocchino」

材料:ミルク、エスプレッソ、ココア・パウダー

作り方:エスプレッソの入ったグラスにミルクを適量注ぎ、最後にココアパウダーを少々振り掛けます。

ちなみに「マロッキーノ」の名前は、1930年代にヘアバンドとして使用されていたモロッコの革と色が似ていることが由来と言われています。

オーストリア「カイザーメランジェ:Kaiser Melange」

材料:たまご、はちみつ、コーヒー

作り方:卵の黄身と大さじ2杯くらいのはちみつの入ったグラスをコーヒーを注ぎながらゆっくりと混ぜます。

アイルランド「アイリッシュ・コーヒー:Irish Coffee」

材料:ウィスキー、コーヒー、ブラウンシュガー、ホイップクリーム

作り方:コーヒーの入ったグラスに大さじ1杯のブラウンシュガーを入れかき混ぜます。そして、ワンショットのウィスキーとホイップクリームで完成です。

動画はこちらから。
Coffee Around The World – YouTube

実際に現地で作られる際には細かく違っていることもありそうですが、家で世界中のコーヒーを楽しむことが出来ます。コーヒーのレシピ一つでもお国柄ってありますね。

関連記事

難解なシアトル系コーヒーの名前を分かりやすく解説しているインフォグラッフィクス - DNA

あの「コピ・ルアク」を軽く凌駕する世界一高価な超高級コーヒー豆「ブラック・アイボリー(Black Ivory)」の製造工程の写真 - DNA

冷えた体と心を優しく温めてくれるホット・チョコレートのレシピ10種 - DNA

肉を思いっきり満喫できるステーキのレシピ10選 - DNA

最高のコーヒーをどこでもその場で味わえるポータブル・コーヒーバッグ「Travel Coffee Kit」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧