ネット・PC

迷路マップを生成するJavascriptを修正してキャラクターを脱出させるブラウザRPG「Untrusted」


「Untrusted」はいわゆる「ローグライクゲーム」っぽいブラウザ・ゲームなのですが、物語の謎を解くのではなく迷路を生成するJavascriptのコードを修正することで迷路を抜けて次のレベルへ行くことが出来るという異色の仕組みとなっています。時間制限はありませんが、レベルが上がるにつれかなりかなり込み入ったことになっています。ハマり過ぎに注意です。

デフォルトでBGMがONになっているので気を付けてください。ゲームはこちらから。
Untrusted – a user javascript adventure game

スタート画面。何かキーを押すとゲームが始まります。

レベル1。プレイヤーは「@」で出口は「□」。ブロック「#」に囲まれて出口に到達出来ないようになっています。まずは方向キーで「⌘」の上まで行きます。

すると右側にJavascriptのコードが表示されこんな画面になります。

背景が「黒い部分」のコードを修正することが来ます。

レベル1のため非常に単純です。数値を変更する方法もありますが全てコメントアウトしてみました。コード修正が完了したら下にある「Execute」をクリックします。

するとブロック「#」が全く存在しない画面が表示され出口「□」へ到達出来ます。

こちらの画面がレベル2。コメントアウト作戦はもう使えないようです。また、画面下にはすでにクリアしているレベルの問題を選択出来る「Menu」やリセット「Reset」などが選べます。

レベルが上がるに連れ様々な罠が仕掛けられていますので、詳細についてはJavascriptコードのコメントに記載されていますので確認私邸下さい。

このゲームは Alex Nisnevich 氏によって制作されたものであり、ソースコードは Nisnevich 氏のGitHubで公開されています。
AlexNisnevich/untrusted · GitHub

またこちらは「Untrusted」の全ステージをクリアしている映像です。もし行き詰まってしまった場合や手に負えない場合、高レベルの問題が見たい場合は参考にしてください。もちろん公開されているソースコードからも確認は可能です。
Untrusted – YouTube

関連記事

プログラミングに必要不可欠な「データ構造とアルゴリズム」をシンプルなビジュアルで解説してくれる「VisuAlgo」 - DNA

「本当に人気のあるプログラミング言語」ランキングを計測する方法と結果 - DNA

あるプログラム言語で最も使用されているキーがよくわかるヒートマップ - DNA

ウェブページ製作者は必見、HTMLやJavascript等のチートシート19個 - DNA

映画「マトリックス」の「あの画面」を600バイト以下のJavascriptで再現 - DNA

悔しいほどにハマるシンプルなパズルのブラウザゲーム「2048」 - DNA

あのトラウマがよみがえる……!Internet Explorerの「あのエラー」をJavaScriptで見事に再現 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧