科学と技術

iPhoneを高性能赤外線サーモグラフィ・カメラにするケース型デバイス「FLIR ONE」


サーモグラフィー用カメラやイメージセンサの開発・製造を専門に行うアメリカの会社「FLIR Systems」が手がける世界初のiPhone5/5s用ケース型赤外線サーモグラフィー「FLIR ONE」です。目でみて判断の付きにくい温度差や夜間の監視など色々な使い方ができそうです。

全ての物体から放射されている赤外線は温度上昇に比例して放射量が増えるため、赤外線量を分析した熱分布図をサーモグラフィーと言います。この技術は、主に病気の診断に使用される医療用や暗視装置として軍事用にも利用されています。

1. 「FLIR ONE」

2. 本体はこんな感じになっています

14. 2重のケースはこんな感じで使用します。

3. 温度表示も可能です

屋内の空気の流れや漏れなどを確認しエネルギーの効率化の手助け、見えにくい水漏れの確認、壁の中などの見えない場所にある配管の確認などの利用が想定されています。また屋外では、真夜中のハイキングやかくれんぼ、ペット捜索、動物観察、キャンプファイヤの完全消化確認などを可能としてくれます。

こちらは「FLIR ONE」の使用例です。

11. お湯を流して水漏れの確認

12. こちらもパイプからの水漏れを確認

13. 部屋の温度差を確認し効率よく室温を快適に

15. 消化確認中

「FLIR ONE」撮影した赤外線サーモグラフィはこんな感じになります。

6. 自動車。熱いところは触っちゃダメ。

7. こちらはシカ。夜でもハッキリと確認出来ます。

8. タイヤが熱っている様子がよく分かる自転車の写真

9. 冷蔵庫の排熱の様子

10. 扉付近

実際に使用した気分を味わえる「FLIR ONE」シミュレーターのリンクはこちらです。
Thermal Simulator: FLIR ONE™ Personal Thermal Imager by FLIR® – See the Heat°

現在のところアメリカの販売となっていますが、いずれはその他の国も販売予定であるとのことです。ちなみに価格は350USドル(約3万6000円)となっています。

ソース:FLIR ONE™ personal thermal imager by FLIR® – See the Heat°

関連記事

F1レース中のタイヤはサーマルカメラで見るとこうなっている - DNA

動物にはどのように世界が見えているのか、人と動物の視界を比較 - DNA

赤外線カメラからほぼ完全に隠れることができる熱光学迷彩装置「ADAPTIV」 - DNA

雄大な景色と雲を赤外線撮影した素晴らしいタイムラプス動画「Karst Country」 - DNA

赤外線コンタクトレンズを使ってイカサマをしていたギャンブラーに判決 - DNA

秘境ネパールにあるヒマラヤの大自然を赤外線撮影した衝撃写真いろいろ - DNA

隠しカメラを発見するためのハイテク単眼鏡「SpyFinder Personal」 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧