アートとデザイン

その国独特の雰囲気がある世界各国の多種多様な個人商店の写真シリーズ「The Guardians」


日常では当たり前過ぎて見過ごしてしまうことも多い個人経営の小さなお店ですが、ちょっと入っただけではよくわからいお店や見たこともないド派手なお店など地域や職種によって非常に多種多様であり不思議な魅力に溢れています。そんな世界のいろいろな都市の個人商店とオーナーを撮影した写真シリーズ「The Guardians」です。

この写真はモントリオール、ニューヨーク、ラスベガス、パリ、ウィーン、ベルリン、ロンドン、アムステルダム、ベイルートの9都市で撮影された作品です。

ニューヨーク

1. Jainulさん

2. Birdmanさん

3. Bruceさん

モントリオール(カナダ)

4. Marieさん

5. Markさん

6. Catherineさん

7. Alyssaさん

8. Coreyさん

ロンドン

9. Emilyさん

10. Davidさん

11. Louieさん

ウィーン(オーストリア)

12. Ernstさん

パリ

13. Rachidさん

14. Edwigeさん

15. Yacekさん

16. Babaさん

17. Anneさん

ベイルート(レバノン)

18. Hagopさん

19. Fouadさん

20. Abdoさん

21. Abou Georgesさん

22. Abrahamさん

ベルリン

23. Gregorさん

24. Phillippさん

アムステルダム

25.

26.

ラスベガス

27. Danielさん

その他、強烈な個性を放つ「ケニア・ナイロビのスラム街の個人商店」、ブルガリアの首都ソフィア名物の地下室のお店『klek shop』」、赤・黄・緑のハデハデさが印象的な「中国・北京の屋台」など、個人で経営している小さなお店は独特な魅力がありますね。

これらの作品はフランスの写真家 ladimir Antaki 氏の作品です。

ソース:About The Guardians | The Guardians

関連記事

アフリカの強烈さ、ケニア・ナイロビのスラム街の個性溢れる個人商店の写真集「MERCHANTS OF NAIROBI」 - DNA

ブルガリアの首都ソフィア名物、「よっこらしょ」とかがまないとものが買えない地下室のお店「klek shop」 - DNA

赤・黄・緑のハデハデさがステキな中国・北京の屋台写真10枚 - DNA

ニューヨークの同じ場所のお店の昔と今を並べて懐かしむ写真集「STORE FRONT: The Disappearing Face of New York – 10 Years Later」 - DNA

小さな港町のある超人気レストランのお客さんたちが作り上げた驚きのワールドワイドな世界地図 - DNA

メニューだけじゃない!世界各地の超魅力的なマクドナルドのお店いろいろ - DNA

[字幕動画]屋台の親父と万引き少年の30年ごしの絆を描いたタイのCM動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧