アートとデザイン

無敵の消防士を生み出すパワードスーツ「A.F.A.」のコンセプトデザイン


厳しい訓練に耐え任務をこなす消防士たち。もし彼らが人体の限界を超えたパワーを手に入れることができたら、そのとき消防という仕事はどう変わるのか。そんな期待をさせる強化外骨格の「A.F.A.」のコンセプトデザインです。

1. 消防士の装備はかなり重たいのですが、近年の高層ビルで火災が発生すると、この重量を階段で持って上がらなくてはなりません。

2. オーストラリアのJiazhen CHENがデザインした「A.F.A.」は最小限のフレームと関節に仕込まれたモーターによって、人間の筋力をアシストするといういわゆる強化外骨格。

3. システム単体の重量は23kgという予想です。もちろん強化外骨格自身がこの重さを支えるので、着用者の体力を削ることがありません。

4. フレームにはフラッシュライトや通信機器も備わり、HUDから指令を受け取ることもできます。

5. 消火に特化した「Fire Pioneer(左)」タイプと、シャッターをこじ開けたりなどのレスキューに特化した「Rescuer(右)」タイプの2バリエーション。

もちろんいかに装備が進化しようとも、消防士さん自身の勇気と技術がものをいうのは変わりません。こうした装備によって体力に余裕ができれば、彼らも実力を発揮しやすくなるのではないでしょうか。

ソース:A.F.A.-Powered Exoskeleton Suit for Firefighter on Behance

関連記事

恐怖との戦い、火事に立ち向かう消防士のヘルメットカメラからの動画 - DNA

約15秒で3階まで登ってしまう訓練された消防士のスゴ技の動画 - DNA

ある消防士のヘルメットカメラで撮影された1年間の記録映像のマッシュアップ動画 - DNA

火を噴くプロパンタンクを外に運び出すちょっとガッツありすぎな中国の消防士さんの動画 - DNA

消防署で大火事発生、装備がなくて手が出ず - DNA

ものすごくおりこうな犬が倒木の撤去作業をお手伝いしている動画 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧