アートとデザイン

わずか6平方メートルのキュービクルで暮らすニューヨークの中国人移民たちの生活を描いた写真集「81 Bowery」


移民して間もなく、経済的な基盤が不安定な人たちにとってはニューヨークの家賃はとんでもなく高額なもの。そのためこうして広い部屋を区切って集団生活をしている人たちがいます。これはBowry通り81番地で肩を寄せあって暮らす中国人移民たちの写真集です。

1. Bowry通り81番地のビル

2. 元は倉庫か企業の1フロアだった部屋を、小さなキュービクルに区切って暮らしています。

3.

4.

5.

6.

7.

8.

9.

10.

11.

12.

13.

14.

15.

16.

17.

18.

19.

20.

21.

22.

23.

24.

25.

26.

住める土地が非常に少ない香港でも、こうした狭い部屋に押し込められるように住んでいる人はたくさんいます。92年に取り壊されたその昔のスラム、九龍城でもこのような光景が見られました

撮影したAnnie Lingは台北生まれのカナダ人で、現在はニューヨークのブルックリンを拠点として活動中のフォトグラファーです。

ソース:81 Bowery — Annie Ling

関連記事

[字幕動画]香港名物「ネオンサイン」の職人に焦点を当てたドキュメンタリ映像「霓虹的製作 The Making of Neon Signs」 - DNA

魔窟の象徴、1992年に消えた香港の巨大なスラム街「九龍城砦」の写真16枚 - DNA

[字幕動画]中国のネット中毒矯正施設にいる子ども達のドキュメンタリー「Web Junkie」 - DNA

壁と窓が上下左右にひたすら続く香港の高層アパートメント - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧