世界のびっくりニュース

ポッド式コーヒーメーカーもICチップで「詰め替え・互換ポッド」を排除する方向へ


プリンターや使い捨てカミソリのように、本体は安くして消耗品で採算を得るのがいわゆる「消耗品ビジネス」。ポッドを使って手軽に本格的なエスプレッソを楽しめるポッド式コーヒーメーカーにも、どうやらその波がやってきたようです。


ポッド式コーヒーメーカーは手軽にエスプレッソコーヒーを淹れられる機械。エスプレッソは極細く挽いたコーヒーに高圧の蒸気を当てて作るもの。

エスプレッソを抽出しているところ。抽出には普通のドリップコーヒーよりも道具が必要になります。また入れる人の習熟度によって味が若干変わります。
File:A good cappuccino starts with a perfect espresso!! (4441914182).jpg – Wikimedia Commons

またエスプレッソは抽出した後のコーヒー豆の処理が非常に面倒。このため日本ではお店で買って飲むのが一般的でした。
File:Love me some stovetop espresso coffee (photo by j bizzie).jpg – Wikimedia Commons

その流れが変わったのが「ポッド(カプセル)」と呼ばれるプラスチック容器に濃縮コーヒー液や粉を詰め、容器ごと機器にセットするコーヒーメーカー。これならゴミも処理しやすく、安定した質のエスプレッソが抽出できます。

Amazon.co.jp: ネスカフェ ドルチェグスト 本体 「Piccolo(ピッコロ)プレミアム」 ワインレッド(MD9744-PR) 012148535: ホーム&キッチン

またポッドの中に色々なフレーバーの飲料を入れることができるので、バリエーション展開もされています。

Amazon.co.jp: ネスカフェ ドルチェ グスト 専用カプセル エスプレッソ インテンソ 112g: 食品&飲料

しかし「消耗品ビジネス」であるからして、このポッドが若干お高いのが難点。手間を考えると妥当なところなのですが、ちょっとでも安くあげたい人はサードパーティから発売されている互換ポッドや、このように自分でコーヒー豆を詰め替えるポッドを使うこともあるようです。

Amazon.co.jp: ネスカフェ ドルチェグスト DolceGusto 互換カプセル 3個入り 50回利用可能 お好みのコーヒーを作れます: ホーム&キッチン

先日、カナダのポッド式コーヒーメーカー市場で40%のシェアを持つGreen Mountain Coffee Roasters社のCEO、ブライアン・ケリー氏は「よりよいコーヒーを抽出するため、コーヒーメーカーの新機種ではライセンスされていないポッドが使用できないようにする」と、プリンタインクと同じようにICチップを用いたDRMを導入することを発表しました。

これについて互換ポッドを販売していたTreeHouse Foods社が「Green Mountain Coffee Roastersのポッドに関する特許は2012年に失効しているので製造するのに問題はない。またサードパーティーのポッドの市場からの排除は独占禁止法に違反している」と訴訟を提起。被告であるGreen Mountain Coffee Roasters社の広報は「いわれのない訴えであり断固争う」と全面対決の姿勢を見せています。

独占・寡占などによって需要と供給以外のことで価格が決まるのは「市場の失敗」とされています。「消耗品ビジネス」は規格で囲い込んで他の選択肢を排除して価格を決定しているあたりかなりギリギリのところを攻めているモデルとなります。いったいどのような判決が下されるのかに注目です。

ソース:Keurig’s next-gen single-serve brewers will DRM-lock your coffee

Keurig Will Use DRM In New Coffee Maker To Lock Out Refill Market | Techdirt

トップ画像:keurig | Flickr – Photo Sharing!

関連記事

[字幕動画]最後までやたらハイテンションな「戦場でのコーヒーの入れ方」動画 - DNA

[字幕動画]変な客を皮肉った歌をYouTubeにアップしたスターバックスの店員が解雇される - DNA

[字幕動画]あの「マクドナルド・コーヒー訴訟」はいかにして大事件に仕立て上げられたのかを詳細に語るニューヨーク・タイムズのドキュメンタリー動画 - DNA

難解なシアトル系コーヒーの名前を分かりやすく解説しているインフォグラッフィクス - DNA

エスプレッソマシンからシズル感満点なコーヒーが誕生する瞬間をハイスピード撮影でとらえた動画 - DNA

あの「コピ・ルアク」を軽く凌駕する世界一高価な超高級コーヒー豆「ブラック・アイボリー(Black Ivory)」の製造工程の写真 - DNA

お値段47.30ドル(約4400円)、世界で一番高いスターバックスのドリンクを注文した猛者が登場 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧