アートとデザイン

ロシア革命直前、帝政ロシア末期のロシア各地を撮影したカラー写真


ロシアの写真家セルゲイ・プロクジン=ゴルスキーにより撮影された、約100年ほど昔の帝政ロシア末期(1909年〜1912年頃)の非常に貴重なカラー写真です。社会主義国家樹立の契機となったロシア革命(1917年)以前のロシアの姿が記録されており、ロシア革命によって多くを失う前の美しい南部ロシアや中央アジア周辺の景色が残されています。

これらの写真は、セルゲイ・プロクジン=ゴルスキー氏が当時のロシア皇帝・ニコライ2世の援助を受け、1905年〜1915年の間にロシア各地を周り撮影したロシア帝国のドキュメンタリ写真です。

また、プロクジン=ゴルスキー氏により考案された連続撮影した赤・青・緑の三色のフィルタを通した3枚のモノクロ写真を合成する手法でカラー化されてた作品も数多く残されています。

1. ブハラ・アミール国(現在のウズベキスタン)の最後の国王「アーリム・ハーン」。首都ブハラで剣を差し椅子に座るアーリム・ハーン。1910年頃撮影。

2. モジャイスク南西部から撮影されたニコライェフスキー・カテドラル。1911年撮影。

3. ユリュザニ川沿い町ウスチ=カタフ近郊を通るシベリア鉄道の分岐器作業員。1910年撮影。

4. ウズベキスタン・サマルカンドのベールで顔を覆ったサルト人女性。1917年のロシア革命まで、サルト人はカザフスタンに住むウズベク人を意味していた。1910年撮影。

5. ウズベキスタンの古都サマルカンドのユダヤ人の子どもたちと先生のグループ。1910年頃撮影。

6. リンドゼロ湖の湖岸で休む犬。1910年撮影

7. アルトヴィン(現在はグルジアとの国境沿いに位置するトルコ領都市)の丘に立つ、民族衣装を着たアルメニア人女性。

8. アブハジア自治共和国(グルジア領)の首都スミフの港。1910年撮影。

9. ホワイトレイク近くにある教会と鐘楼の横の丘に座るロシアの子どもたち。1909年撮影。

10. ハンガリー・ブダペストで製造された発電機が設置されているトルクメニスタンのムルガブ川の水力発電所。1910年撮影。

11. ダゲスタン共和国の男女。1910年撮影。

12. シム川のほとりに佇む羊飼いの少年。1910年撮影。

13. 現在のウズベキスタンとカザフスタンに広がる大草原に座るキルギス人の遊牧民の家族。1910年撮影。

14. 当時、ロシアの保護国として存在していたヒヴァ・ハン国(1512年〜1920年)の君主イスファンディヤル・ジュルジ・バハドゥール。1910年頃撮影。ヒヴァ・ハン国は、ホラズム人民ソビエト共和国を経て現在はトルクメニスタンとウズベキスタンの領土の一部となっています。

15. 木製ゲートに寄りかかる少年。1910年撮影。

16. ペルミ地方クングル近くの工場。1912年撮影。

17. ダゲスタン共和国の女性たち。1910年撮影。

18. サマルカンド(ウズベキスタン)の水を運ぶ青年。1910年頃撮影。

19. オネガ湖近郊の都市ペトロザヴォーツク郊外を走る線路をハンドカーで行くプロクジン=ゴルスキー氏。1910年撮影。

20. 干し草を収穫している農民たち。1909年撮影。

21. ベロオムトを流れるオカ川(ヴォルガ川最大の支流)に建設中のダム用水門にセメントを流し込む直前に撮影された作業員たち。1912年撮影。

22. グルジア人女性。1910年頃撮影。

23. メジェワヤの岸壁。1912年撮影。

24. ライ麦畑に咲くヤグルマギク(キク科の植物)。1909年撮影。

25. プロクジン=ゴルスキー氏の写真。黒海東海岸の湾岸都市バトゥミ(グルジア・アジャリア自治共和国の首都)近郊のコーカサス山脈を流れる川の畔で撮影されたもの。1910年撮影。

26. 遠い昔に建てられたヴォログダ州・ベロゼルスクの教会。1909年撮影。

27. サマルカンドにあるモスクの中庭に座る少年。1910年撮影。

28. 製鉄所で作業をする工員たち。1910年撮影。

29. シム川の桟橋に座る女性。1910年撮影。

30. 水門の管理人を66年間務めた84歳の Pinkhus Karlinskii 氏の写真。1909年撮影。

31. グルジアの首都トビリシの全景。1910年撮影。

32. アルトヴィン(現在はグルジアとの国境沿いに位置するトルコ領都市)の全景。1910年頃撮影。

33. ウラル山脈西側の都市ペルミを流れるカマ川に架かるシベリア鉄道の鉄筋トラス橋。1910年頃撮影。

34. 若いロシア人女性の農民たち。シェクスナ川沿いの小さな町キリルロフ郊外。

35. セリゲル湖の島にある聖ニル修道院。1910年撮影。

現在、プロクジン=ゴルスキー氏が撮影した作品の多くは、1948年にプロクジン=ゴルスキー氏の遺族よりアメリカ議会図書館により買い取られて保存されています。

19世紀末の「日本の侍たちの写真」や20世紀初頭の「清朝末期の北京の写真」などに見ることが出来る写真もほぼ同じ時代に撮影されていた作品です。

ソース:Prokudin-Gorskii Collection – About this Collection – Prints & Photographs Online Catalog (Library of Congress)

関連記事

「日本最後の侍たち」江戸後期から明治の時代に撮影された武芸者たちの写真いろいろ - DNA

20世紀初頭、清朝末期の北京の様子を捉えた非常に貴重なカラー復元写真いろいろ - DNA

1920年ごろのエジプトを撮影した貴重なカラー写真46枚 - DNA

明治・大正時代に撮影された芸者や舞妓さんたちのカラー水着写真いろいろ - DNA

江戸時代後期の日本にいた全身刺青の飛脚たちのカラー写真いろいろ - DNA

豪華客船「タイタニック」のモノクロ写真をカラーに復元した写真集「Titanic in Color」 - DNA

貴重なカラー、1944年6月6日の「ノルマンディー上陸作戦」の前後に撮られた写真24枚 - DNA

第二次世界大戦前夜、1939年7月に撮影されたパリの貴重なカラー写真いろいろ - DNA

約100年前に撮影されていたとても貴重な南極のカラー写真 - DNA

日本の写真家「江南 信國」が明治時代に撮影した日本の風景・風俗写真いろいろ - DNA

19世紀末の北欧の古い町並みやフィヨルドの風景を収めた貴重なカラー写真 - DNA

動く歴史的風景、1927年のロンドンの雑踏を記録した貴重なカラー動画 - DNA

西部劇ファン必見、1880年頃に撮影された唯一の「ビリー・ザ・キッド」の写真をカラーで復元 - DNA

この記事をブックマーク/共有する


前後の記事

DNAをこれからもよろしくお願いします!

Facebook上のコメント一覧

Twitter上のコメント一覧